音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

和楽器バンド史上最悪の環境で撮影された2曲のMV公開

2396

和楽器バンド「砂漠の子守唄」「細雪 for Piano and Symphonic Orchestra」ミュージックビデオより。

和楽器バンド「砂漠の子守唄」「細雪 for Piano and Symphonic Orchestra」ミュージックビデオより。

和楽器バンドの新曲「砂漠の子守唄」と「細雪 for Piano and Symphonic Orchestra」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

2曲のMVは楽曲が持つ乾いた世界観を表現するため、マイナス2度という気温の中栃木県の山奥にある洞窟で20人のオーケストラメンバーと共に撮影されたもの。「砂漠の子守唄」はメンバーそろっての演奏シーン、「細雪 for Piano and Symphonic Orchestra」は鈴華ゆう子(Vo)のピアノとオーケストラのみの演奏シーンで構成されている。

今回のMV撮影について鈴華は「和楽器バンドのMV撮影は毎回過酷な現場ばかりですが、今回はバンド史上最悪(笑)。でも最高の映像が撮れました。サポートのオーケストラメンバーには、母校の東京音大で一緒だった子もいて心強かった」とコメントした。

2曲のMVはどちらも4月25日発売のニューアルバム「オトノエ」MUSIC VIDEO盤にメイキング映像を含め収録される。

音楽ナタリーをフォロー