音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Perfumeを最新テクノロジーで再構築、観客は1時間ノンストップで驚きの連続

4828

Perfume (撮影:上山陽介)

Perfume (撮影:上山陽介)

Perfumeが出演するライブイベント「This is NIPPON プレミアムシアター『Perfume × TECHNOLOGY』presents "Reframe"」が3月20、21日に東京・NHKホールで開催された。会場には各日約3000人のファンが集まり、21日のステージの一部はNHKのオフィシャルサイトやYouTube、Twitter、facebookで生配信も実施。世界中の人々がPerfumeとテクノロジーのコラボを目撃した。この記事では21日の様子をレポートする。

このイベントは昨年12月21日にNHK総合で放送された、最新テクノロジーを駆使したPerfumeのライブの舞台裏を解き明かす番組「Perfume × TECHNOLOGY 2017」と関連して実施されたもの。Perfumeの3人がステージパフォーマンス、MIKIKOが振り付けと演出、Rhizomatiksがインタラクションデザインを担当し、番組で紹介したテクノロジーがエンタテインメントの世界を進化させる様子を実際にオーディエンスに目の当たりにさせた。イベント名の「Reframe」は「枠を作り直す」という意味。ライブではPerfumeがこれまで築き上げてきたものを分解し、新たな視点から再構築することが試みられた。

公演がスタートするとevalaが制作したエレクトロニカ「Recollect」が爆音で流れ、額縁で囲われた舞台の全面を埋め尽くす白壁に映像が映し出された。白壁の中央にイベント当日の日付である「2018/03/21」という文字が映るや否や、その日付が急速に巻き戻り、メジャーデビューシングル「リニアモーターガール」の発売日である「2005/09/21」を示したところでストップ。ここから、彼女たちが過去に発表してきたすべてのミュージックビデオのワンシーンを、時代順にカットアップした映像が勢いよく流れ始めた。なお、ここで上映されたカットアップ映像はディープラーニングにより解析された類似するポーズを収集して制作されている。

その後、壁の中央が開いてPerfumeの3人が姿を現し、その場で「DISPLAY」を歌い始めると、ステージを覆っていた壁がさまざまな形に変形。ステージセットにプロジェクションマッピングが投影される。ダンスミュージックを浴びながら観客がスタンディングで盛り上がる通常のPerfumeのライブとは違い、この日は着席で観覧する公演だったこともあり、普段であれば歓声を上げて踊るオーディエンスもひと言も発さず、会場は緊張感であふれていた。近年のPerfumeのワンマンライブでは音楽とテクノロジーを融合させたショーが毎回見せ場になっていたが、そのテクノロジーとのコラボに特化して行われた今回のライブは情報量が非常に多く、観客は一瞬一瞬を見逃さないように固唾を飲んでステージ演出を見守っていた。

「DISPLAY」が終わると3人はボーカルレコーディングブースのような箱の中で、それぞれの声をリアルタイムでサンプリングして楽曲にする「Record」と題したパフォーマンスを披露。マイクから入力される音声データと連動して、箱の照明や映像が切り替わる。徐々に音が消えて無音になると、彼女たちは1人ずつアカペラで「Butterfly」を伸びやかに歌唱。全員が歌い終えたところで「Butterfly」のトラックが流れ始め、メンバーの背後に24台の明滅する小型ドローンが現れた。ドローンは編隊を組んで巨大な蝶のような形を作りながら飛行。なおPerfumeは2014年の「第65回NHK紅白歌合戦」においても、同じように9台のドローンを演出に使用したパフォーマンスを披露していた。

「Butterfly」のエンディングで舞台のせりに沈んだ3人は、続く「シークレットシークレット」が始まるのと同時に早着替えをして再登場。この曲では彼女たちはカラフルな照明を浴びながらキレのあるダンスで観客を魅了したが、曲の終盤に入ると音飛びしたように「キミを」という歌詞を繰り返し始めた。その後、彼女たちがこれまで発表してきたさまざまな楽曲の「キミ」という歌詞の部分がビートに乗せて次々に流れ、ステージ後方ではグリッチノイズだらけのPerfumeの過去映像を上映。この「シークレットシークレット」のリミックスパートはSeihoがアレンジを担当しており、「キミ」のほか過去曲から「アイ」「セカイ」「オモイ」「ヒカリ」という歌詞もカットアップして使用された。

「エレクトロ・ワールド」では、メンバーを囲うように八の字型に設置されたスクリーンと床面にプロジェクションマッピングを投影し、奥行きのある没入感たっぷりの映像を実現。「FUSION」では、メンバーをモーションキャプチャーした3Dデータの周りに仮想の光源を作って動かすことで、壁に映る3人の影が曲に合わせて巨大化したり変形するというトリッキーな演出が行われた。メンバーが舞台装置などと一体となって1つのアート作品を作り上げるようなこの日のショーは、ここからいよいよ終盤戦に突入する。

イベント開催前に特設サイトで投稿を募っていた、ファンが撮影した“大切な写真”を演出に使用した楽曲は「願い」。ここでは、家族のスナップや友人との旅の思い出フォト、結婚式の記念写真など、投稿された写真データは画像解析を経てPerfumeのさまざまなMVのワンシーンに変換され、その直後に粒子になってステージ中央で歌うPerfume本人に吸い込まれていった。そして最後の楽曲「無限未来」が始まると、イントロではメンバーが手に持つフレームにレーザーがリアルタイムでマッピングされ、歌唱部分では天井から降り注ぐレーザーが3人の手の動きに合わせて移動。MCを一切はさまずにノンストップで行われたパフォーマンスはこの曲をもって終了した。

それから少しの間を空けて再び幕が上がり、Perfumeの3人によるカーテンコールが行われた。あ~ちゃんが「古いデータを使って新しいことができるって、画期的だと思いました」と語ると、のっちは「テクノロジーは人間が作る、温度や愛があるものだと思ってます。今回は皆さんに写真を投稿していただいて、その写真と一緒に私たちがパフォーマンスをしましたが、そんなふうに皆さんと同じステージに立って1つの作品を作り上げるのは、テクノロジーがないとできないことだなと思います」とコメント。かしゆかは「Perfumeがこれまでやってきたことを素材にして再構築するっていうチャレンジは、私たちの過去を大切に思いながら新しいものを作っていこうという、このチームじゃないとできなかったと思うんです。3人で積み重ねてきたものや、スタッフさんと作り上げてきたもの、それを観てくれてたファンの人たちの思いが再構築されて、新しいと感じながら懐かしいと思える、心が温まるものができました」と振り返った。

最後にあ~ちゃんが「これからも過去を大切にしつつ新しいことに挑戦して、ワクワクドキドキするような、自分たちが楽しいと思えるようなことを続けていきたいです」「私たちPerfumeを通して、テクノロジーがもっと身近で温かいものだってみんなに知ってもらえたらうれしいです。今日ステージに立ってるのは3人だけですが、ここまでに本当に多くの方々がたくさんの時間をかけてこのステージを作り上げてくれました。スタッフの皆さんに大きな拍手をお願いします」と言って締めくくり、イベントは終了。わずか1時間とは思えない濃厚な体験をした観客から、メンバーとスタッフに惜しみない拍手が贈られた。

「This is NIPPON プレミアムシアター『Perfume × TECHNOLOGY』presents "Reframe"」2018年3月21日 NHKホール セットリスト

01. Recollect(Music:evala)
02. DISPLAY
03. Record(Music:Setsuya Kurotaki / Rhizomatiks Research)
04. Butterfly
05. シークレットシークレット ~ シークレットシークレット(Reframe Remix)(Music:Seiho
06. エレクトロ・ワールド
07. FUSION
08. Three Walks(Music:evala)
09. 願い
10. 無限未来
[※All Music & Lyrics:YASUTAKA NAKATA Except 1, 3, 5(Reframe Remix), 8]

音楽ナタリーをフォロー