音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

WANIMA、菅田将暉ら登場の「ALL LIVE NIPPON」でT.M.R.×山下健二郎コラボも

3112

「ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6」初日公演の出演者。(写真提供:ニッポン放送)

「ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6」初日公演の出演者。(写真提供:ニッポン放送)

ライブイベント「ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6」の初日公演が昨日1月20日に神奈川・横浜アリーナにて開催された。

「ALL LIVE NIPPON」はニッポン放送「オールナイトニッポン」出演者たちが多数登場するイベント。今回は番組放送50周年を記念して初の2DAYS開催となった。初日公演の昨日は金曜日の「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務める山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と、水曜日の「オールナイトニッポン0(ZERO)」の新内眞衣(乃木坂46)がMCを担当した。

トップバッターとして登場したのは昨年3月まで「オールナイトニッポン0」のパーソナリティを務めていた井上苑子。彼女は「さらにパワーアップした『オールライブニッポン』に出演できてめっちゃうれしい」と語り、「せかいでいちばん」など全4曲を歌唱した。ランパンプスが漫才で場内を沸かせたあとに登場したのはSUPER BEAVER。木曜日の「オールナイトニッポン0」を担当する渋谷龍太(Vo)が「こうしてここで歌えることは特別なこと。めちゃくちゃうれしいです。せっかくなので真正面からぶつかっていきたいと思います!」と意気込み、バンドは「青い春」「正攻法」といったロックナンバーを叩き込んだ。

ここでスペシャルコラボレーションとして、新内と井上のコラボステージが。2人はアコースティック編成で乃木坂46の楽曲「サヨナラの意味」をしっとりと届けた。FANTASTICSはダンスパフォーマーのみで登場。迫力あるパフォーマンスで観客を魅了していく。途中には先輩である山下が合流しこの日ならではのコラボも披露された。

「ALL LIVE NIPPON」に3年連続で出演している三四郎が漫才で笑いを誘った後始まったのは、過去9年にわたり「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めていたT.M.Revolutionによるステージ。彼はダンサー6人を従え「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」といった楽曲を届けて場内を盛り上げていく。さらにラストナンバー「HOT LIMIT」では山下がサプライズで登場し、西川貴教と共にダンスを披露した。

黄色い歓声の中登場したのは菅田将暉。彼は三四郎の相田周二、SUPER BEAVERの渋谷、柳沢亮太(G)と共に、THE BLUE HEARTSの「青空」を歌唱した。続くWANIMAは勢いあるアクトで場内のテンションを引き上げた。この日のトリを飾ったのは西川、山下、FANTASTICSによるコラボステージ。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの楽曲「R.Y.U.S.E.I」のボーカルを西川が務め、山下とFANTASTICSがダンスを担当する。3組による“ランニングマン”が披露されると会場は熱狂の渦に包まれた。

この日のイベントの模様は今後の「オールナイトニッポン」の放送にて随時紹介される。またMUSIC ON! TVでは4月に放送される予定。

本日1月21日には「ALL LIVE NIPPON Vol.6」の2日目公演が同会場にて行われる。本日はCreepy Nuts(R-指定&DJ 松永)、miwa、RADIO FISH、水曜日のカンパネラ、三四郎、ラブレターズ、BLACKPINK、ニューヨークが出演。オードリーがMCを務める。

ニッポン放送 オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6(終了分は割愛)

2018年1月21日(日)神奈川県 横浜アリーナ
<出演者>
Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永) / miwa / RADIO FISH / 水曜日のカンパネラ / 三四郎 / ラブレターズ / BLACKPINK / ニューヨーク
MC:オードリー

音楽ナタリーをフォロー