SUPER BEAVER

SUPER BEAVER

スーパービーバー

ソニー・ミュージックエンタテインメント/Sony Music Records

渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(G)、上杉研太(B)、藤原“33才”広明(Dr)の4人によって2005年に東京で結成されたロックバンド。2009年6月にEPICレコードジャパンよりシングル「深呼吸」でメジャーデビューした。2011年に活動の場をメジャーからインディーズへと移し、年間100本以上のライブを実施。2012年に自主レーベルI×L×P× RECORDSを立ち上げたのち、2013年にmurffin discs内のロックレーベル[NOiD]とタッグを組んでの活動をスタートさせた。結成15周年を迎えた2020年、Sony Music Recordsと契約を結んだことを発表し、6月にメジャー再契約第1弾となるシングル「ハイライト / ひとりで生きていたならば」をリリース。2021年2月にアルバム「アイラヴユー」を発表した。5月にテレビ朝日系ドラマ「あのときキスしておけば」の主題歌「愛しい人」を表題曲としたシングルを発売し、7月に映画「東京リベンジャーズ」の主題歌を表題曲としたシングル「名前を呼ぶよ」をリリース。7月よりライブハウスツアー「SUPER BEAVER 都会のラクダSP 行脚 ~ラクダフロムライブハウス~」の追加公演を行い、10月よりバンド史上最大キャパシティとなるアリーナツアー「SUPER BEAVER 都会のラクダSP ~愛の大砲、二夜連続~」を開催する。

こちらもオススメ