音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46衛藤×純奈×久保の“姉妹感”に演出家も太鼓判、舞台「三人姉妹」が開幕

914

「三人姉妹」のワンシーン。

「三人姉妹」のワンシーン。

乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が主演する舞台「三人姉妹」が、本日1月17日に東京・博品館劇場にて開幕した。

アントン・チェーホフ原作、赤澤ムック演出による本作は、故郷・モスクワを遠く離れた父の赴任地で暮らす美しい三姉妹の物語。父亡きあともその地に残り、慎ましやかに生きてきたプローゾロフ家の姉妹たちのもとに父の部下であったヴェルシーニン中佐がモスクワから赴任してきたことをきっかけに、三姉妹と彼女たちを取り巻く人々の関係に変化が起きてゆく。

公演を前に劇場では衛藤、伊藤、久保による記者会見が行われ、3人はそれぞれに作品に対する思いを語った。自身の役柄について問われると、衛藤は「中学の教師をやっている長女のオリガ役です。オリガは常に疲れていてため息も多くて、テンションも上がらないから声の出し方が難しかったです」とコメント。伊藤は「次女のマーシャを演じます。マーシャは既婚者だけど冒険をしたいと思っている、不思議な女性です」、久保は「末っ子のイリーナ役です。イリーナはモスクワの地を夢見ている子で、末っ子感がすごく出ているのでそこに注目してほしいと思います」と続いた。

乃木坂46の1期生、2期生、3期生がそれぞれ長女、次女、三女を演じることになった今回のキャスティングについて、衛藤は「(伊藤、久保とは)普段なかなか濃い時間を過ごすことがなかったけれど、3人姉妹という設定にはこの境遇がよかったのかな、と思います」と思いを語った。稽古中も衛藤は伊藤と久保のお姉さん的存在だったといい、久保は「メイクを教えてくれたり、本当のお姉ちゃんみたいでした」と明かす。伊藤が「口で言うだけじゃなくて、手も一緒に出ちゃうところがお姉ちゃんだよね」と付け加えると、衛藤は照れ笑いを浮かべながら「乃木坂46でも年長で、グループにも“妹”が43人くらいいるので……役作りはまったく困らなかったです」と返していた。

人妻役に初挑戦した伊藤は「稽古中はずっと左手薬指に指輪を付けて、自分の一部にしていました」と役作りについて明かした。また、今作で初めて同期メンバー以外のキャストと共演する舞台に挑んだ久保は「今までと環境が違うので不安がありましたが、先輩も共演者の方もすごく話しかけてくださって。緊張も解けて、とても楽しく学べました」と語る。会見に同席した赤澤は、久保が稽古場のマスコット的存在だったと明かし、「あのシーンやってみたら?」と会見途中にリクエスト。演出家からの“ムチャ振り”を受けた久保は「ええー!」と困りながらも「そんなの困るわ!」とハイテンションな演技を見せる場面を再現し、その場の空気を和ませていた。

また、質疑応答中には緊張気味の久保の発言を衛藤と伊藤が優しくフォローする機会が何度かあり、3人の様子に赤澤が「すでに姉妹感がありますね」と満足気な笑みを浮かべる場面も。伊藤は作品の見どころについて「3人それぞれにキャラが立っているし、舞台上に立っているだけで絵になるというか。瞬きももったいないくらいだと思います」とアピールした。「三人姉妹」は2月4日まで博品館劇場で上演される。

音楽ナタリーをフォロー