なんとか初日にたどり着けました!でんぱ組ピンキー「ギア」開幕に意気込み

74

本日12月22日に千葉・千葉ポートシアターにて、でんぱ組.inc藤咲彩音が出演する「『ギア-GEAR-』 East Version」が開幕。これに先駆けて昨日12月21日に公開ゲネプロが行われた。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。

大きなサイズで見る(全21件)

「ギア-GEAR-」は2012年から京都の専用劇場で上演されているノンバーバルパフォーマンスで、今回の「East Version」は千葉ポートシアターのこけら落とし公演として上演される。パントマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングなどの要素が融合した本作。公開ゲネプロではドールパートを藤咲が担当したほか、マイムパートをTAKUYA、ブレイクダンスパートをHIDE、マジックパートを橋本昌也、ジャグリングパートを森田智博が担当した。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。藤咲彩音演じるドール。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。藤咲彩音演じるドール。[拡大]

「ギア-GEAR-」は人々に忘れ去られた元おもちゃ工場が舞台。そこで働き続ける人間型ロボット“ロボロイド”たちの前に、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形・ドールが現れるというストーリーが展開される。藤咲はロボロイドたちと遊んでいるうちに、人形から少しずつ人間に近付いていくドールの姿を、表情と仕草の変化で表現していた。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。

「『ギア-GEAR-』 East Version」公開ゲネプロより。[拡大]

ゲネプロ後の囲み取材には藤咲、TAKUYA、HIDE、橋本、森田が登壇。藤咲は「3カ月近く稽古してきましたが、最初はできるかどうか不安でした。皆さんに助けていただき、開幕を迎えることができます。精一杯がんばりますので、よろしくお願いいたします」と挨拶し、「回っている盆の上でみんなで手をつなぐシーンがあるんですが、遠心力で落ちそうになったことがありました」と苦労した点を振り返った。また記者に体力作りについて聞かれると、「でんぱ組.incでもウォームアップするんですが、『ギア-GEAR-』の本番前には特に念入りに準備運動をします。今回、初挑戦のバレエの要素もあって、私は体が硬いこともあり、この3カ月間で体を伸ばして、なんとか初日にたどり着けました!」と元気いっぱいに答えた。

この記事の画像(全21件)

「ギア-GEAR-」 East Version

2017年12月22日(金)~
千葉県 千葉ポートシアター

全文を表示

関連記事

でんぱ組.incのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 でんぱ組.inc / 藤咲彩音 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。