でんぱ組ピンキーが“言葉に頼らない”舞台に挑戦「5日間で動きは覚えきった」

288

でんぱ組.inc藤咲彩音が、本日10月25日に行われた「『ギア-GEAR-』 East Version」の制作発表会見に出席した。

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。“ギアポーズ”を披露する出演者たち。左からTAKUYA、YOURI、藤咲彩音(でんぱ組.inc)、HIRONAGA、CONRO。

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。“ギアポーズ”を披露する出演者たち。左からTAKUYA、YOURI、藤咲彩音(でんぱ組.inc)、HIRONAGA、CONRO。

大きなサイズで見る(全9件)

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。ドールパート担当の藤咲彩音(でんぱ組.inc)。

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。ドールパート担当の藤咲彩音(でんぱ組.inc)。[拡大]

「ギア-GEAR-」は、2012年から京都の専用劇場で上演されているノンバーバルパフォーマンス。今年10月に観客動員数15万人を突破、2000回公演を達成した人気公演だ。

藤咲は会見に共演者であるHIRONAGA、TAKUYA、YOURI、CONROと一緒に登場。公演内でドールパートを担当する彼女は「でんぱ組メンバーの古川未鈴さんには『ピンキーは、人形っぽい顔してるよね』と言われました」とメンバーから背中を押されたエピソードを明かし、「ダンスをコピーをするのが得意なので、5日間のお稽古で動きは覚えきることができました。これから肉付けをしていきます」と述べた。一方で、言葉を発さないパフォーマンスに挑戦することについては「(ライブでは)歌って踊る中で自然と表情を出せるのですが、今回はそれができないので壁にぶち当たっています」と本音を明かした。

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。“ギアポーズ”を披露する登壇者たち。

「『ギア-GEAR-』 East Version」制作発表会見より。“ギアポーズ”を披露する登壇者たち。[拡大]

また自身が演じるドール役について「目をパチパチあけるシーンが多いのですが、コンタクトなので目を閉じてしまったり、ドール役の先輩方に『幸薄い顔してる』と言われてしまって、表情をがんばって練習してます」と笑いを誘う。そして最後に彼女は「演技は初めてなので緊張していますが、ドールの魅力を出せるよう、たくさん成長できればと思います」とコメントした。

この記事の画像(全9件)

「『ギア-GEAR-』 East Version」

2017年12月22日(金)~
千葉県 千葉ポートシアター
<出演者>
藤咲彩音でんぱ組.inc) / HIRONAGA / TAKUYA / YOURI / CONRO / and more

全文を表示

関連記事

藤咲彩音のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 藤咲彩音 / でんぱ組.inc の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。