音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

紅白リハ速報(2)いきもの&アンジェラは合唱隊と共演

「第60回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日よりスタート。会場の東京・NHKホールに新人からベテランまで多数のアーティストが集まり、ステージでのサウンドチェックと、マスコミ向けの囲み取材がそれぞれ行われた。

この記事ではアンジェラ・アキいきものがかり大塚愛、GIRL NEXT DOOR、倖田來未のコメントを紹介する。

アンジェラ・アキ

4年連続の日本武道館公演と紅白歌合戦出場を果たしたアンジェラ。今年は約200人の合唱団を従えて「手紙~拝啓 十五の君へ~」を披露する。「ツアーで歌ってきた集大成。みんなと一緒に育った歌をこういう形で歌うことができてうれしく思います。普段1人でいろんなところで歌ってるんで、数が多いほど心地いいんですよね」。ちなみに衣装はいつもの感じのシャツに「デニムとコンバースは家から履いてきます」とのこと。

いきものがかり

いきものがかりは「Nコン」合唱課題曲となった「YELL」を、紅白の大舞台で合唱部の生徒たちといっしょに披露。「みんなが長い間かけて歌ってきた曲を、紅白でみんなと一緒に歌えるのはすごくうれしい。自分たちだけじゃなく歌ってくれる一人ひとりの記念にもなるから、初出場だった去年と違って『しっかりしなきゃ』っていう気持ちもあります」と意気込みを語る。去年は聖恵が黄色いTシャツにジーンズ姿で登場するなど、普段着感の強い衣装だったが、今年は「背伸びせず、でももうちょっとフォーマルな感じ(笑)」になりそうとのこと。「本番はどうしても緊張しちゃうから空回りしないように。120%の気持ちを込めていつも通りやれたら最高ですね」(聖恵)。

大塚愛

「紅白の舞台にはまだ慣れないけど、ひさしぶりにドリカムのお2人にお会いできるのがうれしいです」と話す大塚愛は、昨年に続き2年連続の出場。本番では「『Is』のPVと紅白のイメージを混ぜた、和風のかなりすんごい衣装」で登場するとのこと。「2009年を締めくくる場でもあるので、自分なりのベストなものが出せればいいなと思ってます」

GIRL NEXT DOOR

昨年に続き2回目の出場となるガルネクは、おもちゃ箱をテーマに、100人のダンサーやピエロたちと遊園地のようなステージを繰り広げる。千紗の衣装は「羽根をあしらった真っ赤なドレスです」とのことで、今年もゴージャスなパフォーマンスが期待できそうだ。

倖田來未

misonoとのコラボ曲を含む「2009紅白KODA SPECIAL」で姉妹共演を果たす倖田來未。「misonoの初・紅白を私が奪ってしまうのが逆にすごくうれしい」と來未が語れば、misonoも「お姉ちゃんがうちのことを好きすぎるから、紅白出場の話もスタッフより先にお姉ちゃんから直接聞いたんです」と2人揃って満面の笑み。衣装は「Winkを意識して(笑)ツイン感のあるデザイン」になっているとのこと。

音楽ナタリーをフォロー