音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

B'z新曲が映画「ジオストーム」吹替版主題歌に、監督は「出会うべくして出会った楽曲」

989

2018年1月19日により全国公開される映画「ジオストーム」の日本語吹替版の主題歌を、B'zが担当する。

「ジオストーム」は「インデペンデンス・デイ」で製作と脚本を担当したディーン・デヴリンがメガホンを取った作品。最新テクノロジーで天候を制御できるようになった宇宙ステーションがウイルス感染によって暴走し、地球に異常気象をもたらすさまが描かれる。気象コントロール衛星の開発者である主人公ジェイク・ローソン役をジェラルド・バトラーが演じ、吹替版には上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみらが参加する。

B'zが本作に提供した主題歌「Dinosaur」は、彼らが11月29日にリリースするニューアルバムのタイトルトラック。彼らが洋画の主題歌を担当するのは今回が初となる。ディーン・デヴリンは主題歌について「とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!」とコメントしている。

ディーン・デヴリン監督 コメント

日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB'zとのコラボレーションをとても楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである「ジオストーム」にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!

音楽ナタリーをフォロー