音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会に星野源ら、「脳みそが気持ちいい」作品アピール

3462

「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会の様子。

「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会の様子。

昨日3月9日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、映画「夜は短し歩けよ乙女」の完成披露上映会が行われた。

「夜は短し歩けよ乙女」は森見登美彦のベストセラー小説を原作としたアニメ映画。上映後に行われたトークコーナーには主人公の“先輩”を演じた星野源、彼が思いを寄せる“黒髪の乙女”役の花澤香菜、学園祭事務局長役の神谷浩史、主人公の学友である“パンツ総番長”役の秋山竜次(ロバート)、そして湯浅政明監督が登壇した。

“先輩”を彷彿とさせるメガネ姿で現れた星野は、鑑賞を終えた観客の満足げな様子を眺め「皆さんステキな笑顔で、とてもうれしいです」と挨拶。また出演にあたり、湯浅監督から「“先輩”役を演じてほしい」と直筆の手紙が届いたことを打ち明けると、監督は「現場で星野さんの名前が挙がったときにすごく盛り上がって。これは星野さんの出演が決まらないとほかが進まないと思って」と微笑んだ。

花澤が本作について「原作は大学時代に読んでいて、『先輩みたいな人、身近にいるなあ』と思ってました。皆さんそれぞれに理想の乙女像を持っていると思うので、この役は責任重大だなと感じました」と話すと、神谷も「実は僕、『四畳半(神話大系)』のオーディションに落ちていて。いつかまた機会があればと思っていたので、本当にうれしかったです」と出演の喜びを語る。一方秋山は自身の役名“パンツ総番長”について「なんだこれはと。でもパンツは好きだったので、そのへんの喜びはありましたね。『あ、パンツに関われるんだ。向いてるな』と。最高にステキなおいしい役をいただきました」と話し場内を和ませた。

アフレコについて星野は「すっごく楽しかったんです。『納得いくまでやりましょう』と言ってくださって、相談しながらやらせてもらって。『四畳半』は静かに淡々とスピーディに進んでいくイメージだったんですけど、今作は大騒ぎしながらもじっくり進んでいくような。一人ひとり録音したんですけど、皆さんかなりテンションが高い印象でしたね」と振り返る。アフレコの一番手を務めたという花澤は、他の出演者の演技について「もう最高です。なんでしょうね、とっても濃い味の……おいしいやつを食べてるかんじ?(笑)」と絶賛した。

また司会者から好きなシーンを尋ねられると、秋山は「全部ですね。本当にポストカードのようで、どこを切り取ってもいいんですよ。家に持って帰りたくなって、映像を見ながら1秒ごとに「ここください」って言ってました」と回答。神谷は「女装シーンのアフレコはもともと、機械で女性の声に加工する予定だったんです。でも試しに歌ってみたら思いのほかウケまして(笑)。自分の声そのものが流れるのはありがたいなと思って、精一杯やりました」と話した。

最後に司会者からメッセージを求められると、花澤は「私、『昨日何してた?』と聞かれて『何もしてなかった』って答えることがわりと多いんですけど。乙女のように人生を楽しめたらもっともっといろいろなことが広がって、楽しく過ごせるんじゃないかなと思えた、そんなステキな映画です」と語る。星野は「先輩は1から10まで真面目な男で、自問自答を繰り返して遠回りするようなまっすぐな感じが伝わればいいなと。そして、後半になるにつれての怒涛の展開ですね。アニメーションの力、人間の想像力って本当にすごいなと痛感する作品だと感じました。観ているだけで脳みそが気持ちいいというか。本当に面白い作品だと思います」と作品を力強くアピールした。

映画「夜は短し歩けよ乙女」は4月7日より全国ロードショー。

特集・インタビューPR

音楽ナタリーをフォロー