音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

晴天の福岡でcero、UA、ジム、CKBら熱演「CIRCLE」1日目

833

クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

5月14、15日に福岡・海の中道海浜公園 野外劇場でライブイベント「CIRCLE '16」が開催された。ここでは14日公演のレポートを掲載する。

今回初めて2DAYSで執り行われた「CIRCLE」。昨年導入されたCIRCLE STAGEとKOAGARI STAGEの2ステージ制は今年も踏襲され、2日間で合計20組を超えるアーティストたちが交互に出演していった。会場には主催者厳選の飲食店が並ぶフードエリアやテントエリアも用意され、来場者たちは思い思いのスタイルで音楽漬けの2日間を楽しんだ。終始好天に恵まれた14日は、計11組のアーティストが登場。このほかにDJブースでは、カクバリズムの角張渉社長らDJ陣がイベントを華々しく盛り上げた。

cero / Suchmos

CIRCLE STAGEトップバッターのceroは7人編成のバンドセットでライブに臨んだ。「Summer Soul」で午前の野外にメロウなアンサンブルを響かせイベントのオープニングを彩ったあとは、「わたしのすがた」「Yellow Magus(Obscure)」「Orphans」と人気曲を次々と投下。「街の報せ」で締めるまでオーディエンスを踊らせ続けた。KOAGARI STAGE一番手は、「CIRCLE」初出演ながら多くの観衆を集めて注目度の高さをうかがわせたSuchmos。彼らは序盤からアーバンな音色使いが心地よい「YMM」「Get Lady」などを堂々とプレイ。その後もセクシーでどこか太々しいバンドの魅力を存分に伝えつつ、MCではYONCE(Vo)が「初出演なのにさ、いっぱい見てくれてんじゃん! ありがとう!」とはにかんだ。

SPECIAL OTHERS / 二階堂和美

昼過ぎにCIRCLE STAGEに現れたSPECIAL OTHERSは、「Uncle John」「Good Luck」など人気曲を4曲披露。小気味よいギターサウンドを初夏の野外に轟かせつつ、メンバーいわく「意味のないことしか話さない」というMCでも観客を和ませた。KOAGARI STAGEの2組目の二階堂和美も「CIRCLE」初登場。鈴木正人(Key / LITTLE CREATURES)、ASA-CHANG(Dr)、ガンジー(B)をバックバンドに従え「萌芽恋唄」でしっとりとライブをスタートさせた彼女は、中盤にノリのよい「あなたと歩くの」を挟みつつも、概ねはしっとりとしたセットリストを展開。「女はつらいよ」「いのちの記憶」などで深みのあるボーカルを届けたのち、坂本冬美の「幸せハッピー」をハイテンションで歌い上げ、牧歌的な時間を作り出した。

クラムボン / トクマルシューゴ

「CIRCLE」常連であるクラムボンは、サウンドチェックとして「はなれ ばなれ」や「Re-Folklore」といった人気曲をフルでプレイ。本番前からステージ前に押し寄せたオーディエンスたちが合唱をするなど、本番前から感動的な雰囲気を誘った。本編では「シカゴ」「波よせて」などライブ定番曲を披露。MCでミト(B)は、「3年ぶりに『CIRCLE』に来れてうれしいです。本当にいいフェスになりましたねえ!」と感慨深そうに語った。トクマルシューゴは6人編成で登場。中でもユミコ、三浦千明、イトケンがさまざまな楽器を次々と持ち替え奏でていく姿に、多くの観客が目を奪われていた。6人は、人気曲「Rum Hee」をはじめ、複雑なアレンジの7曲を繊細かつダイナミックにプレイしステージをあとにした。

UA / グッドラックヘイワ

UAは、神田智子(cho)、Meg(cho)、Kan Sano(Key)、コスマス・カピッツァ(Perc)、山本達久(Dr)、鈴木正人(B / LITTLE CREATURES)、青柳拓次(G, etc / LITTLE CREATURES)という編成でステージに登場。圧倒的なボーカルと存在感を示し、序盤から会場を独特な世界観で包んでいった。彼女はリリースしたばかりの最新アルバム「JaPo」から青柳と制作した「Japonesia」「AUWA」など4曲を届けたほか、代表曲「情熱」も繰り出してファンを喜ばせていた。グッドラックヘイワは「チャイニーズスケーター」から軽快にライブを開始させると、7月公開の映画「森中山教習所」に提供した「City」など計6曲を演奏した。夕方前のKOAGARI STAGEに集まった観衆は、ビール片手に心地よさそうに2人の音に身を委ねていた。

ジム・オルーク / LITTLE CREATURES

ジム・オルークは、石橋英子(Key)、須藤俊明(B)、山本達久(Dr)と共に現れ、訥々と「Halfway to a Threeway」を弾き語ってライブをスタートさせた。緊張感のある演奏を終えたあとのMCでは、UAのライブにも出演した山本のことを「ほかのステージでも見た人がいるかもしれないけど、あれは“ヤマモトタツホソ”です」などと紹介し観客を和ませた。その後もジムはユーモラスなMCを挟みつつ、各アルバムからの楽曲をひときわビッグなサウンドで届け、会場に熱演の余韻を残した。喝采の中ステージに現れたLITTLE CREATURESの3人は、昨年11月にアナログリリースした「かんちがい」「絡めとられて」の2曲を皮切りに、シンプルな編成ながらエッジを効かせたアンサンブルで、エリアに詰めかけた大勢のオーディエンスの体を揺らしていく。最後にプレイされた「HOUSE OF PIANO」で、盛り上がりは最高潮に。アンコールを求める声を起こすなど、初日のKOAGARI STAGEのトリを見事に務め上げた。

クレイジーケンバンド

陽が落ちかけた19時にR.D. バーマン「Aa Dekhen」をサンプリングしたSEが大音量で鳴り響いたのを合図に、初日トリのクレイジーケンバンドの出番がスタートした。横山剣(Vo)は登場するなり「これしかヒット曲ねえから!」と大ヒット曲「タイガー&ドラゴン」を演奏。横山と観客はおなじみのサビのフレーズで声を合わせ、早速バンドとオーディエンスの間に一体感が生まれていった。

中盤でバンドは福岡・博多が歌詞の舞台の「MITSUBACHI」でアダルトコンテンポラリーな時間を作り上げたと思えば、ドラを合図にソウルナンバー「スージー・ウォンの世界」をプレイ。“東洋一のサウンドマシン”を自称する彼ららしく、スキのない演奏でさまざまな音世界を提示していく。バンドはその後も横山、菅原愛子(Cho)、スモーキー・テツニ(Cho)を中心にしたエンタテインメント精神あふれるパフォーマンスで会場の視線をステージに釘付けに。本編最後は「GT」「香港グランプリ」という疾走感が魅力の鉄板ナンバーを続け、この日のハイライトを作り出した。アンコールでは横山が観客に演奏曲リクエストを募り、リクエストの中から「ガールフレンド」をセレクト。泣きの演奏にコミカルなメンバー紹介を組み合わせつつ、最後は「イイネ!」のひと声で「CIRCLE」初日を大成功に誘った。

写真提供:CIRCLE

音楽ナタリーをフォロー