高田渡トリビュートライブ、息子漣とおおはた×キセル×ハンバートが名演披露

450

高田漣が父である高田渡の楽曲を披露するライブ「高田渡トリビュートライブ “Just Folks”」を、4月15日に東京・武蔵野公会堂で開催した。

左からキセルの辻村豪文と辻村友晴、高田漣、おおはた雄一、ハンバート ハンバートの佐野遊穂と佐藤良成。(撮影:本間加恵)

左からキセルの辻村豪文と辻村友晴、高田漣、おおはた雄一、ハンバート ハンバートの佐野遊穂と佐藤良成。(撮影:本間加恵)

大きなサイズで見る(全14件)

高田渡の没後10年を偲び、昨年4月から10月まで全国各地を回るトリビュートライブツアー「Just Folks」を行ってきた漣。好評につき決定したツアー第2弾では、高田渡が愛した東京・吉祥寺を皮切りに、生誕の地である岐阜、楽曲の歌詞にも登場する京都というゆかりの深い3都市でライブを実施した。さらに5月27日には東京・大岡山、7月9日には群馬での公演が決定している。

高田漣(撮影:後藤渉)

高田漣(撮影:後藤渉)[拡大]

ステージに登場した漣は「昨年のツアーの最後に広い意味で『これからも旅は続きます』と言ったんですが、誤解が誤解を生んで2度目のツアーに出ることになりました(笑)」と述べて、1曲目に「ヴァーボン・ストリート・ブルース」を弾き語る。その後これから登場する3組のゲストを紹介しつつ、「皆さんやりたい曲というのはなんとなく重なってしまうもので。皆さんが歌わない曲を僕が歌うというわけでもないですが、父がレパートリーにしていたあまりにも短すぎる曲とか、あまりに酷い替え歌であったりとか、そういうものをまとめてメドレーで歌いたいと思います」と前置きして「スキーの歌」の替え歌や「アイスクリーム」など5曲をメドレーで披露した。

歌い終わった漣は「僕が父と演奏し始めたのは高校2年生くらいのとき。その頃はあまりいろんな演奏ができなくて、唯一できるのがブルースでした。父のステージに呼ばれてにぎやかしのように1~2曲弾いて」と父と踏んだステージを回想。その頃によく一緒に演奏していたという曲「失業手当」を歌い、「当時は歌詞の意味も考えずに弾いていましたが、なんつう曲を子供とやってたんでしょうね、まったく」と照れ笑いを浮かべた。

おおはた雄一(撮影:本間加恵)

おおはた雄一(撮影:本間加恵)[拡大]

そんな中、1人目のゲストとして登場したのはおおはた雄一。彼を呼び込んだ漣は「おおはたくんとはワンステージ2人でできちゃうくらいレパートリーがあるよね」と話しながら「失業手当」からの流れで「仕事さがし」を演奏した。また漣は赤城乳業の氷菓「ガリガリ君」を始めとする商品の値上げに伴い、テレビCMに高田渡の楽曲「値上げ」を使用したいというオファーがあったと語る。「作詞を手がけた有馬(敲)さんがダメって言ったらやめましょう」と心配する漣をよそに有馬はノリよく快諾したと明かし、「まさかこんな日が来るとは」としみじみと振り返りながらおおはたとデュオで「値上げ」を歌った。

キセルと高田漣。(撮影:本間加恵)

キセルと高田漣。(撮影:本間加恵)[拡大]

次に登場したキセルは「夕焼け」と「鮪に鰯」を漣のギターをバックに歌唱。キセルが初めてカバーをしたという高田渡の楽曲「鮪に鰯」は以前、本人の前で披露したところ「不気味だった」とコメントされたと告白し、辻村豪文(Vo, G)は「今日はそのときと違うアレンジで渡さんに聴いてもらおうかな」と冗談めかしていた。

ハンバート ハンバート(撮影:後藤渉)

ハンバート ハンバート(撮影:後藤渉)[拡大]

ハンバート ハンバートは「ブラザー軒」と「火吹竹」で漣と初共演。佐藤良成(Vo, G, Violin)は初めて足を運んだライブハウス・吉祥寺のMANDA-LA2で高田渡と漣親子の演奏を聴いたと話し、漣と共通の思い出話に花を咲かせるひと幕も。

出演者全員でのセッションの様子。(撮影:後藤渉)

出演者全員でのセッションの様子。(撮影:後藤渉)[拡大]

最後は漣がゲストを呼び込み、出演者全員でパフォーマンス。陽気な曲調の「自転車にのって」では観客も手拍子で加わり、会場が一体となって盛り上がる。続けて漣が「父は(ライブの)最後はだいたいこの曲をやっていたように記憶しております」と説明した「生活の柄」を6人で演奏し、見事なハーモニーを奏でていた。

アンコールには漣が1人で再登場。父である高田渡が亡くなったときのことを昨日のことのように覚えていると語る漣は「こうやって同世代の仲間だったり、先輩だったり若い人たちだったりが父の歌を歌い継いでくれているお陰で歌の中にずっと生きていられるのはすごいこと。うらやましいし、ありがたいことだなと思っています」と感謝の気持ちを述べたのち、ラストナンバーの「告別式」を歌い上げた。

この記事の画像(全14件)

高田渡トリビュートライブ “Just Folks”
2016年4月15日 武蔵野公会堂 セットリスト

01. ヴァーボン・ストリート・ブルース
02. 高田渡メドレー
03. 酒が飲みたい夜は
04. 失業手当
05. 仕事さがし
06. 値上げ
07. 鉱夫の祈り
08. フィッシング・オン・サンデー
09. 系図
10. 夕焼け
11. 鮪に鰯
12. コーヒーブルース
13. 銭がなけりゃ
14. ブラザー軒
15. 火吹竹
16. 自転車にのって
17. 生活の柄
<アンコール>
18. 告別式

全文を表示

関連記事

高田漣のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 高田漣 / おおはた雄一 / キセル / ハンバート ハンバート の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。