蟲ふるう夜に、8年の軌跡たどった現体制ラストライブ

88

2月6日、蟲ふるう夜にが現体制最後の活動となるワンマンライブ「pupation」を東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて開催した。

プロジェクションマッピングが投影された蟻。 (撮影:粂井健太)

プロジェクションマッピングが投影された蟻。 (撮影:粂井健太)

大きなサイズで見る(全20件)

結成当初のスリーピース編成を披露する蟻、慎乃介、郁己。 (撮影:粂井健太)

結成当初のスリーピース編成を披露する蟻、慎乃介、郁己。 (撮影:粂井健太)[拡大]

この日は蟲ふるう夜にが8年にわたって発表した楽曲を時系列に披露して、バンドの歩みをなぞるという構成。冒頭の3曲では結成当初のスリーピース編成を再現し、蟻(Vo)がベースボーカルとして4年ぶりにステージに上がった。その後、サポートメンバーに続いて2012年に加入した春輝(B)が登場し、楽器隊がセッションを繰り広げた。

蟻(Vo) (撮影:粂井健太)

蟻(Vo) (撮影:粂井健太)[拡大]

蟻はたびたびポエトリーリーディングを挟み、バンドの変化を説明する。特に「わたしが愛すべきわたしへ」では「自分を愛し始めることで、自分のためではなく人のために曲を歌えるようになった」と語り、その内容を体現したパフォーマンスが会場に感動を生んだ。彼女は唯一のMCタイムで、笑いと涙を交えながら「蟲ふるう夜ににはたくさんのことを教えてもらいました。腐らずあがく、そんなことを教えてもらいました。最後に蟲ふるう夜ににありがとうって言うわ」とファンに語りかけ、代表曲のひとつ「スターシーカー」へ。

蟲ふるう夜に (撮影:粂井健太)

蟲ふるう夜に (撮影:粂井健太)[拡大]

そして蟻の決意を叩き付けるように「私たちは今、命の上を歩いている」を熱演。メンバーが1人ずつステージをあとにし、慎乃介(G)が作曲した最後の曲「pupation」が流れる中、活動に区切りをつけた。

なお、バンドは蟻を中心としたプロジェクト「mushifuru project」へと活動を移行。mushifuru projectの1stライブは6月4日(蟲の日)に同会場で開催されることが発表された。公式オンラインショップで先行販売中のプレミアムチケットには、2月6日のライブ音源を収めたCDが付属する。

この記事の画像(全20件)

蟲ふるう夜に「蟲ふるう夜に ラストワンマンLIVE pupation」
2015年2月6日 恵比寿 ザ・ガーデンホール セットリスト

01. 僕たちは今、命の上を歩いている
02. 焼き付くその眼深く
03. 赤褐色の海
04. 青の中の一つ
05. クロイトモダチ
06. 犬
07. アヲイトリ
08. 明星
09. 蟲の声メドレー(白の出会い~ふたつの旅立ち~幻水の都)
10. 一緒に逃げよう
11. 守るべきもの
12. ホウセキミライ
13. わたしが愛すべきわたしへ
14. 君という光、僕の走る道
15. それでも鳴らす
16. フェスティバル
17. スターシーカー
18. 私たちは今、命の上を歩いている
19. pupation

mushifuru project 1st LIVE CONCERT

2016年6月4日(土)東京都 恵比寿ザ・ガーデンルーム

全文を表示

関連記事

蟲ふるう夜にのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 蟲ふるう夜に の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。