音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「ずっと僕らを見てて」Mrs. GREEN APPLEワンマンツアー堂々完結

880

Mrs. GREEN APPLE「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(撮影:後藤壮太郎)

Mrs. GREEN APPLE「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(撮影:後藤壮太郎)

昨日12月24日に東京・LIQUIDROOMでMrs. GREEN APPLEのワンマンライブ「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」が開催された。

ワンマン形式でのライブツアーはこれが初となった彼ら。ツアーファイナルにあたるこの日の会場には、メンバーと同年代のファンを中心に数多くの観客が集まった。

開演時刻になるとメンバーは元気よくステージに登場し、「ナニヲナニヲ」からライブをスタートさせる。同楽曲の演奏中、若井滉斗(G)と高野清宗(B)はステージ前方で観客を何度も煽る。またこの日はクリスマスイブだったことから、「リスキーゲーム」のソロパートで藤澤涼架(Key)が「きよしこの夜」のワンフレーズを弾く場面も。その後メンバーは「Speaking」「藍」など、アップテンポなナンバーで会場を盛り上げていった。

「恋と吟」の演奏を終えると、メンバーはいったん退場。しばらくすると大森元貴(G, Vo)がアコースティックギターを持ってステージに戻り、ソロで「えほん」を披露する。そして再びメンバー全員で臨んだ「ゼンマイ」では山中綾華(Dr)がカホンやウィンドチャイムといったパーカッションを用意し、アコースティックなサウンドを展開した。ミドルテンポの落ち着いたナンバー「ノニサクウタ」後のMCでは今年1年の活動についての話題となり、若井は「インディーズ盤ミニアルバム『Progressive』にメジャーデビュー作『Variety』、そしてメジャー初シングル『Speaking』の発売と怒濤の1年でした」、山中は「夏フェスにツアー、ワンマンと初めてのライブがたくさんあって、とにかくすっごいうれしかったです!」と振り返った。

その後大森が「クリスマスだからみんなにプレゼントです」と話すと、メンバーは新曲「うブ」を披露。そして「VIP」演奏後、大森は「CDをリリースしてみんなから『買いました』『よかったです』って聞くことで、僕らの音楽がいろんな人に聴かれているって気付くんです。僕らは有名になりたくてバンドをやってます。だからずっと、見ててほしい」と力強くコメントした。そしてメンバーは本編最後に「道徳と皿」、アンコールとして「StaRt」「パブリック」を届け、初のワンマンツアーを締めくくった。

※高野清宗の「高」は梯子高が正式表記。

Mrs. GREEN APPLE「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」
2015年12月24日 LIQUIDROOM セットリスト

01. ナニヲナニヲ
02. 我逢人
03. リスキーゲーム
04. Speaking
05. 藍
06. アンゼンパイ
07. L.P
08. 恋と吟
09. えほん
10. ゼンマイ
11. ノニサクウタ
12. うブ
13. 愛情と矛先
14. VIP
15. 道徳と皿
<アンコール>
16. StaRt
<ダブルアンコール>
17. パブリック

※記事初出時、本文の内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー