RADWIMPS、きのこ帝国招いた胎盤2日目で洋次郎×佐藤コラボも

1431

RADWIMPSが11月5日に東京・Zepp Tokyoにて、対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の2日目公演を開催した。

RADWIMPS(撮影:植本一子)

RADWIMPS(撮影:植本一子)

大きなサイズで見る(全6件)

このツアーはRADWIMPSがメジャーデビュー10周年を迎えることを記念して、リスペクトしているアーティスト10組を招いて行っているもの。米津玄師と競演した初日の翌日に行われた2日目公演には、野田洋次郎(Vo, G)がライブに足繁く通うほどに惚れ込んでいるというきのこ帝国が出演した。

佐藤千亜妃(G, Vo / きのこ帝国)(撮影:上飯坂一)

佐藤千亜妃(G, Vo / きのこ帝国)(撮影:上飯坂一)[拡大]

きのこ帝国は11月11日に発売するメジャー1stアルバム「猫とアレルギー」の表題曲でライブを開始。優美なメロディラインの「海と花束」やR&Bテイストの「クロノスタシス」など、バラエティに富んだサウンドでオーディエンスを魅了する。代表曲「東京」では佐藤千亜妃(G, Vo)の凛とした歌声が会場中を満たした。

RADWIMPS(撮影:植本一子)

RADWIMPS(撮影:植本一子)[拡大]

RADWIMPSはサポートドラマーとして森瑞希と刄田綴色を迎えた5人編成でパフォーマンスを実施。彼らは曲の各所にジャムセッションのようなアドリブソロを挟みながらパフォーマンスを繰り広げ、各々の演奏力の高さを観客に見せつけた。野田は「(きのこ帝国は)俺の大好きなバンドで、ここ2年間で一番ライブを観てます。高校くらいのときに聴いていたら、どれだけ救われただろうって思う」と口にしたり、きのこ帝国「東京」のワンフレーズを弾き語ったりと、対バン相手のきのこ帝国にリスペクトを送っていた。

アンコールでは野田と佐藤が2人でSUPER BUTTER DOGの「サヨナラCOLOR」をカバー。2人が紡ぐ優しいハーモニーにオーディエンスは酔いしれた。

10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤(※終了分は割愛)

2015年11月9日(月)大阪府 Zepp Namba
<出演者>
RADWIMPS / plenty

2015年11月10日(火)大阪府 Zepp Namba
<出演者>
RADWIMPS / LOVE PSYCHEDELICO

2015年11月12日(木)北海道 Zepp Sapporo
<出演者>
RADWIMPS / ゲスの極み乙女。

2015年11月16日(月)愛知県 Zepp Nagoya
<出演者>
RADWIMPS / ハナレグミ

2015年11月18日(水)福岡県 Zepp Fukuoka
<出演者>
RADWIMPS / クリープハイプ

2015年11月23日(月・祝)神奈川県 横浜アリーナ
<出演者>
RADWIMPS / スピッツ

2015年11月24日(火)神奈川県 横浜アリーナ
<出演者>
RADWIMPS / いきものがかり

2015年11月25日(水)神奈川県 横浜アリーナ
<出演者>
RADWIMPS / ONE OK ROCK

※記事初出時、見出しの人物名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全6件)

関連記事

RADWIMPSのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 RADWIMPS / きのこ帝国 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。