音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

デリコ、スキマ、フミヤ、元春ら豊洲野音で鳴らした2日間

462

LOVE PSYCHEDELICO (撮影:船橋岳大)

LOVE PSYCHEDELICO (撮影:船橋岳大)

10月31日と11月1日に、東京・豊洲野外音楽広場にて野外フェスティバル「豊洲野音カーニバル」が開催された。

1日目、メインステージとなる「YAONステージ」にはGOCOO+GoRo、七尾旅人Def TechLOVE PSYCHEDELICO、THE King ALL STARS、スキマスイッチが順に登場。中でもLOVE PSYCHEDELICOは“Premium Acoustic Set”と題して、静かに見守る観客と広大な野原に向かってアコースティック演奏をじっくりと届けた。2ndステージにあたる「MATSURIステージ」にはNakamuraEmi、佐藤タイジ×堂珍嘉邦大宮エリー×スペシャルバンド(おおはた雄一、伊賀航、坂田学)、椿鬼奴BLACK BOTTOM BRASS BAND、Johnsons Motorcarが出演し、会場を大いに盛り上げた。

2日目はCzecho No Republicが「YAONステージ」のトップバッターをさわやかに務めると、その後Polaris藤井フミヤOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND佐野元春 and The Hobo King Band、Caravanが次々と熱いバンドパフォーマンスを披露。「MATSURIステージ」では植田真梨恵GAKU-MC小林太郎、Rickie-G、Dachambobirdの熱演が繰り広げられた。

また、会場内では世界各国の料理が楽しめるフードメニューも充実し、豚1頭が丸ごと食べられるブースなどが設置された。キッズエリアではパーカッション体験のワークショップが開催され、親子連れの姿も多く見られた。

音楽ナタリーをフォロー