音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

シアターブルック

シアターブルック

シアターブルック

佐藤タイジ(Vo,G)を中心に、1986年に結成されたファンクロックバンド。インディーズでの活動を経て、1995年6月にミニアルバム「CALM DOWN」でメジャーデビュー。ファンクやヒップホップ、ロックといったありとあらゆるブラックミュージックの要素を取り入れたサウンドが、好評を博す。1997年にはクリストファー・ドイルの映画「タイフーンシェルター」のサウンドトラックを担当。その後も精力的な活動を展開するが、2007年12月のライブツアーをもって2年間ライブ活動を休止。2009年末に満を持して活動を再開し、2010年2月ニューシングル「裏切りの夕焼け」をリリース。2012年12月には加藤登紀子をゲストボーカルに迎えた「愛と死のミュゼット」や、代表曲である「ありったけの愛」のセルフカバーを収録したオリジナルアルバム「最近の革命」を発表した。現在のメンバーは佐藤タイジ(Vo,G)、中條卓(B)、エマーソン北村(Key)、沼澤尚(Dr)。

シアターブルックのニュース

音楽ナタリーをフォロー