佐野元春

佐野元春

サノモトハル

1956年東京都生まれ。1980年3月にシングル「アンジェリーナ」でデビュー。1982年のアルバム「SOMEDAY」がスマッシュヒットを記録し、トップアーティストの仲間入りを果たした。1983年には単身渡米し、ヒップホップの要素を取り入れた意欲作「VISITORS」を制作。その後も「Young Bloods」「約束の橋」などといった名曲を生み出す。現在は佐野元春&THE COYOTE BANDとしても活動し、2020年4月にシングル「エンタテイメント!」を配信リリースした。また佐野元春&THE COYOTE BANDとして初のベストアルバム「THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005 - 2020」のリリースを予定しているなど、日本のロックシーンを牽引するアーティストとしてデビューから40年を経た今も第一線で活躍を続けている。

リンク

関連する画像