音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

マイペースに大暴れ!少女閣下のインターナショナル初ワンマン

161

少女閣下のインターナショナル「スペクタキュラー・オプチカル社のあたらしいプログラム」の様子。(撮影:角田純子)

少女閣下のインターナショナル「スペクタキュラー・オプチカル社のあたらしいプログラム」の様子。(撮影:角田純子)

11月1日に東京・Shibuya eggmanで少女閣下のインターナショナルのワンマンライブ「スペクタキュラー・オプチカル社のあたらしいプログラム」が開催された。

彼女たちにとって初のワンマンとなり、ミニアルバム「パルプ・プログラム」の先行販売も行われた今回の公演。会場には朝早くからファンが駆けつけ、満員の中公演が開始された。

会場の照明が暗転し「ecole」のイントロが流れると、メンバーはゆっくりとステージに登場。落ち着いた様子でライブをスタートさせた。続く「少女閣下のPKウルトラ計画」ではメンバーの激しいパフォーマンスにあわせ、ファンのテンションも一気にアップ。途中長い間奏パートに入ると、彼女たちは自己紹介を行った。全員紹介を終えるとミニアルバム「パルプ・プログラム」の解説を始めるが、すぐに歌パートに入ってしまい大急ぎで中断する姿も。さらに「万国お化け博覧会」開始前にはいったん舞台裏に戻り、魔女や幽霊、キョンシーなどといった衣装に着替えオーディエンスを盛り上げた。

グループ結成から1年間の活動を振り返るVTRがプロジェクターで流されたのち、各メンバーがソロ曲を歌う第2部が開始。披露前にはオーディション時の面接の様子が寸劇で再現され、途中「1人辞めちゃった!」「気付いたら3人なっちゃったーnegiccoには勝てないーーー!!!」「ベルハーのオーディションと被っちゃったーもうダメだーー!!」など当時の苦労がうかがえるようなシーンも飛び出し観客の笑いを誘った。

「少女閣下のPKウルトラ計画」のMVが上映された後にスタートした第3部では、まず新曲「Nowhere on-do」を披露。メンバーの音頭のような振り付けに合わせ、ファンも同じように踊り、コールを叫んだ。そして「mug」「僕らの心電図」と休みなくライブは展開され、「みなごろしフライデー」のラストでメンバーは客席を駆け回る。しかし里咲りさ以外はステージに戻れなくなってしまい、「少ナショらしく終わります! 今日はありがとうございました!」という挨拶でそのまま本編は終了した。

その後「アンコール!」「金返せ!!」というファンの叫び声が会場に響き、某グランジロックバンドの楽曲とともにメンバーが再び登場。この曲のカバーを終え、MCではワンマンを迎えての感想を1人ひとりが発表した。そしてメンバーは最後に「少女閣下のインターナショナルラップ」で息ぴったりのパフォーマンスを見せ、全員倒れ込んだ状態で楽曲が終了。ファンも困惑する中「このあと物販です」というアナウンスを合図に彼女たちは立ち上がり、初のワンマンを個性的に締めくくった。

なおグループのミニアルバム「パルプ・プログラム」は11月6日にリリース。明日5日には東京・HMV record shop 渋谷、14日には東京・タワーレコード渋谷店でインストアイベントも開催される。

少女閣下のインターナショナル「スペクタキュラー・オプチカル社のあたらしいプログラム」2015年11月1日 Shibuya eggman セットリスト

第1部

01. ecole
02. 少女閣下のPKウルトラ計画
03. 怨み節/マカロンウエスタン
04. 乙女みたいな季節
05. 1分にも満たない
06. 万国お化け博覧会

第2部

07. タイトル未定(黒石衿花ソロ)
08. 魔法が解けたらあの娘の匂いはもうしない(羊戸ひなのソロ)
09. Mid Days Night(白川花凛ソロ)
10. タイトル未定(福円もちソロ)
11. 破壊、そして漫画(二文字杏ソロ)
12. だってね。(里咲りさソロ)

第3部

13. Nowhere on-do
14. mug
15. 僕らの心電図
16. みなごろしフライデー
<アンコール>
17. 少女閣下のインターナショナルラップ

少女閣下のインターナショナル「パルプ・プログラム」発売記念インストアイベント

2015年11月5日(木)東京都 HMV record shop 渋谷
2015年11月14日(土)東京都 タワーレコード渋谷店

音楽ナタリーをフォロー