音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「日本で一番好きなバンド」門田匡陽、3組のバンド率いた夢の競演

226

Good Dog Happy Men(Photo by Coto)

Good Dog Happy Men(Photo by Coto)

10月24日に東京・LIQUIDROOMでライブイベント「festival M.O.N -美学の勝利-」が開催された。

門田匡陽(Vo, G)が率いるPoet-type.M、BURGER NUDS、Good Dog Happy Menが一堂に会したこのイベント。愛知、大阪公演を経て東京で行われたファイナル公演には、幅広い年代のファンが数多く集まった。

最初に登場したのは、昨年再結成を果たしたBURGER NUDS。彼らが「ANALYZE」の演奏をスタートさせると歓声が沸き、会場は一気に盛り上がりを見せた。内田武瑠(Dr, Cho)が力強いドラミングでリードしていく中、バンドは「不感症」「エコー」といったナンバーを披露。「LESSON」終了後のMCで丸山潤(B, Cho)は「このイベントを開催するのは去年から決まっていて。高校生の頃からつるんでる人たちもいるからすごく楽しいし、終わってしまうのは寂しいと思うよね」とコメントし、門田もそれに対し「ほんとに楽しかった。今日が来るの、すごく寂しかったもん」と感慨深い様子で答えた。その後バンドは再結成後に制作された新曲「絶滅危惧種のペンギン達が可哀想」を演奏。最後の「ミナソコ」まで貫禄あるパフォーマンスを見せた。

続いてのPoet-type.Mのステージでは、まず門田の語りがSEとして会場に流れる。しばらくするとメンバーがゆっくり舞台に上がり、少し遅れて門田もランタンを持ってステージへ。彼らはすぐに用意を整えると「だが、ワインは赫(Deep Red Wine)」で演奏を開始した。BURGER NUDSとは打って変わり、バンドは緊張感あふれるライブを展開。冒頭と同じく何度か門田の語りが流れるものの、終始MCを行わず黙々と進行していく。「神の犬(Do Justice To?)」では水野雅昭(Dr, Cho)と伊藤大地(Dr, Per, Cho)のドラム2人体制となり、バンド全体の演奏に熱がこもっていった。そしてラストナンバー「楽園の追放者(Somebody To Love)」では楢原英介(G, Cho)、宇野剛史(B, Cho)が激しく体を動かし、エモーショナルなパフォーマンスで出番を終えた。

イベントの大トリを務めたのはGood Dog Happy Men。ブラスサウンドが特徴的なSEとともに登場したメンバーは、さっそく「Nightmare's Beginning」でパフォーマンスを開始した。門田のボーカルにあわせ韮澤雄希(B, Cho)、内田、伊藤がコーラスを重ねていき、全員で朗らかな歌声を響かせていく。また「大行進」では内田、伊藤がドラムソロを披露。交互にテクニカルな演奏が行われると、客席からは歓声が飛び交った。「Pretty little horses」終了後のMCでは、伊藤が「正直門田が途中で倒れるんじゃないかと思ったけど、大丈夫だったね」と安心した様子で語る。また「Good Dogがこんな大きな会場でライブやるのは初めてじゃないかな?」と振り返りつつ、リラックスした様子でMCを展開した。その後「前夜祭」の終盤では門田と韮澤が先に退場し、再び内田、伊藤のドラムソロへ。演奏を終えると2人は深く礼をし、仲良く肩を組んでステージをあとにした。

アンコールで韮澤は「6年ぶりかな? 久しぶりにライブやったけど、やっぱ楽しいなって思った。それに全然ひさしぶりって感じがしなかった」とコメントし、今回のツアーを振り返る。そして門田の「僕らが初めて作った曲です」という紹介で、バンドは「黄金の鐘」を披露。演奏を終えると門田は「みんなが知っているような曲は1つもないし、そうかといって変わったことをやっている訳でもなかった。でもどのバンドも『自分たちが日本で一番好きなバンドだ』と言い切れるような気持ちをずっと守ることができた。2015年になってこんな機会を与えてくれて、感謝しています」と礼を言った。そしてバンドは「(Can you feel?) ~Most beautiful in the world~」でフィニッシュ。出演メンバー全員はステージに並び、にこやかに挨拶し「festival M.O.N」を締めくくった。

「festival M.O.N -美学の勝利-」
2015年10月24日 LIQUIDROOM セットリスト

BURGER NUDS

01. ANALYZE
02. 不感症
03. エコー
04. LESSON
05. 絶滅危惧種のペンギン達が可哀想
06. 言葉と心
07. AM 4:00
08. MARCH
09. 逆光
10. ミナソコ

Poet-type.M

01. だが、ワインは赫(Deep Red Wine)
02. 窮屈、退屈、卑屈(A-halo)
03. その自慰が終わったなら(Modern Ghost)
04. 救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y)
05. バネのいかれたベッドの上で(I Don't Wanna Grow Up)
06. 双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
07. 神の犬(Do Justice To?)
08. あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
09. 楽園の追放者(Somebody To Love)

Good Dog Happy Men

01. Nightmare's Beginning
02. Bit by Bit
03. 大行進
04. Pretty little horses
05. そして列車は行く
06. Apple star storyS
07. Sweet heart of moon
08. ユートピア
09. 前夜祭
<アンコール>
10. 黄金の鐘
11. (Can you feel?) ~Most beautiful in the world~

音楽ナタリーをフォロー