音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

KREVA全国ツアーが東京に帰還、「908フェス」はKICKとの対バンに

271

「10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015『UNDER THE MOON』」中野サンプラザホール公演の様子。

「10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015『UNDER THE MOON』」中野サンプラザホール公演の様子。

KREVAの全国ツアー「10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015『UNDER THE MOON』」東京公演が、昨日7月26日に東京・中野サンプラザホールにて開催。このライブ終演後に、東京・日本武道館で9月7日に行われる「908 FESTIVAL 前夜祭」、および9月8日に行われる「908 FESTIVAL 2015」の出演アーティストが発表された。

2月27日にスタートしたこのツアーは、5月までの前半戦をKREVAとDJ、ドラマーの3人編成で実施。6月からの後半戦をバンドセットで行い、タイトル通り全国47都道府県を巡るロングツアーとなっている。

この日のステージでKREVAは「たくさんいるね!」と客席を見渡し、「何人いようが全員大船に乗ったつもりで俺について来い! みんなが聴きたい曲が聴けるように、喋る時間を削ってバンバン曲をやっていくから。全KREVAをさらけ出すつもりでやるから」と宣言。最新シングル「Under The Moon」から「希望の炎」「音色」といったソロデビュー当時のナンバーまで、幅広い選曲で集まったオーディエンスを楽しませた。

また、中盤のMCではソロデビュー10周年の今年に47都道府県ツアーを行った理由について「10周年を迎えられた理由の1つは、いつも全国各地からみんなが会いに来てくれたから。でも10周年を迎えてもまだ俺が行けてないところもある、だったら俺が全国各地に行って、みんなの前に現れてこう言いたかったんだよ、『10年間、何度も会いに来てくれてありがとうございます』って」と語り、大きな拍手を浴びる。さらに今年後半の活動について「今年はこのツアーと『908 FESTIVAL』をやったら、作品作りに入るのでライブはやらないつもりです。しっかりした作品を作りたいので、何かに呼ばれてゲストで出たりはするかもしれないけど、自分のライブはやらないつもり。なのでみんなが『908 FESTIVAL』にまた会いに来てくれたら、そこでパワーをもらって制作に入れると思います」とも語った。

ライブの終演後にはステージ上のスクリーンで、「908 FESTIVAL 前夜祭」と「908 FESTIVAL 2015」の出演アーティストが発表された。「前夜祭」はKREVAとKICK THE CAN CREWのツーマン形式で行われ、「908 FESTIVAL 2015」にはKREVAのほか三浦大知、AKLO、KICK THE CAN CREWが出演することが明かされると、場内は騒然となった。なお、「908 FESTIVAL 2015」の出演者は今後も追加発表が予定されている。

今回の「10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015『UNDER THE MOON』」は、延期振替公演となった8月25日の大阪・フェスティバルホール公演で終了。8月26、27日には同会場でAKLO、三浦大知、MIYAVIをゲストに迎えた「908 FESTIVAL in OSAKA」が行われる。

「10th Anniversary Year KREVA 47都道府県 TOUR 2015『UNDER THE MOON』」振替公演

2015年8月25日(火)大阪府 フェスティバルホール

908 FESTIVAL in OSAKA

2015年8月26日(水)大阪府 フェスティバルホール
2015年8月27日(木)大阪府 フェスティバルホール
<出演者>
KREVA / AKLO / 三浦大知 / MIYAVI
料金:7000円
一般発売:2015年8月1日(土)

908 FESTIVAL 前夜祭

2015年9月7日(月)東京都 日本武道館
<出演者>
KREVA / KICK THE CAN CREW
一般発売:2015年8月15日(土)

908 FESTIVAL 2015

2015年9月8日(火)東京都 日本武道館
<出演者>
KREVA / 三浦大知 / AKLO / KICK THE CAN CREW / and more
一般発売:2015年8月15日(土)

音楽ナタリーをフォロー