シナロケ&豪華ゲストが次々セッション!天国のシーナにロックンロール捧げる

632

2月14日に逝去したSHEENA & THE ROKKETSのシーナ(Vo)を追悼するライブイベント「『シーナの日』#1 ~シーナに捧げるロックンロールの夜~」が、“シーナの日”にちなんで4月7日に東京・下北沢GARDENで開催された。この日はシーナとゆかりのある数多くのロックアーティストたちがゲスト出演し、シーナの夫である鮎川誠(G, Vo)、奈良敏博(B)、川島一秀(Dr)のシナロケ男性メンバー3人とセッションを繰り広げた。

アンコールでのセッションの様子。(撮影:積紫乃)

アンコールでのセッションの様子。(撮影:積紫乃)

大きなサイズで見る(全15件)

LUCY MIRRORを交えての「ROKKET RIDE」。(撮影:積紫乃)

LUCY MIRRORを交えての「ROKKET RIDE」。(撮影:積紫乃)[拡大]

この日はシナロケのライブではおなじみの、アポロ11号打ち上げ時のカウントダウンからスタート。鮎川、奈良、川島が映画「バットマン」のテーマソングを荒々しく演奏すると、満員の観客が一気にヒートアップした。鮎川は集まったファンに向けて「みんながいっぱい来てくれたおかげで、4月7日が本当に“シーナの日”になりました!」と挨拶。最初のゲストとして鮎川夫妻の3女であるLUCY MIRRORを紹介し、シーナにとって最後の作品となった昨年発売のアルバム「ROKKET RIDE」の表題曲を演奏した。LUCYはシーナゆずりの迫力ある歌声で鮎川と親子でのデュエットを繰り広げた。続いて奈良がリードボーカルを担当し、アルバム「ROKKET RIDE」収録曲でシーナが鮎川とともに作曲したバラードナンバー「Baby Love」をしっとりと歌った。

シナロケのメンバーと同じく九州出身でありレーベルメイトでもあったLA-PPISCHのMAGUMIは「SHEENA & THE ROKKETSはまだあります! これからも応援してください!」と叫び、シーナの登場曲としてもおなじみだったThe Kinksの「You Really Got Me」を熱唱。赤と黒の岩口タカと本間章浩、Moto Psycho R&R Serviceの澄田健などのゲストに続いて登場した元プリンセス プリンセスの中山加奈子は、産休を終えたシーナの復帰作となった1984年の曲「SWEET INSPIRATION」を天国のシーナに捧げた。

花田裕之と池畑潤二が参加した「DO THE BOOGIE」のパフォーマンス。(撮影:積紫乃)

花田裕之と池畑潤二が参加した「DO THE BOOGIE」のパフォーマンス。(撮影:積紫乃)[拡大]

続いて池畑潤二と彼のバンド・DeeDeeFeverのKeicotが登場し、池畑のドラムで「HAPPY HOUSE」をセッション。さらにKeicotと入れ替わって、池畑と同じくTHE ROOSTERSやROCK'N'ROLL GYPSIESで活動してきた花田裕之が参加し、一緒にTHE ROOSTERSの「DO THE BOOGIE」を演奏した。その後、鮎川からの「ARBとは1980年代に東京・新宿LOFTで何度も共演した。こうやって再会できて最高です!」という紹介で石橋凌が登場。Ramonesのジョーイ・ラモーンが死の直前に発表し、それを手本にシーナも歌ったというルイ・アームストロングのパンクカバー「What A Wonderful World」が石橋のボーカルで披露された。石橋は豪快な歌声で“素晴らしき世界”を表現し、ラストに「シーナ、フォーエバー!」とシャウトした。

チバユウスケ、中村達也を迎えての「I'M FLASH "Consolation Prize"(ホラ吹きイナズマ)」の演奏。(撮影:積紫乃)

チバユウスケ、中村達也を迎えての「I'M FLASH "Consolation Prize"(ホラ吹きイナズマ)」の演奏。(撮影:積紫乃)[拡大]

Romel Amadoはヴァン・モリソン擁するThemのカバー「Gloria」や、阿久悠がシナロケに歌詞を贈った曲「ロックンロールの夜」に参加。「Gloria」の演奏が終わったとき、鮎川は「バンドを始める前、この曲をパティ・スミスが歌ってるのを聴いてシーナも俺もぶっ飛んで、たくさんのインスピレーションをもらった。あの最高のことを思い出した」と振り返っていた。鮎川から「俺たちから見たら若手」と紹介され、次に登壇したのはチバユウスケ(The Birthday)と中村達也(LOSALIOS、MANNISH BOYS)。2012年に公開された豊田利晃監督映画「I'M FLASH」にて彼ら2人がヤマジカズヒデ(dip)、KenKen(RIZE)とともにカバーした曲「I'M FLASH"Consolation Prize"(ホラ吹きイナズマ)」をパフォーマンスした。

Charと鮎川誠によるギターセッション。(撮影:積紫乃)

Charと鮎川誠によるギターセッション。(撮影:積紫乃)[拡大]

浅井健一がステージに立ち、「10代からすごく大好きだったシーナさんがいなくなってすごくさみしい。けど、そんなときこそ元気出していこう」と観客に語りかけると、会場からはその言葉に同意する歓声が。彼がギターを弾きながら「LAZY CRAZY BLUES」を歌うと、それに合わせてオーディエンスの間で合唱が沸き起こった。鮎川のボーカルによる「PINUP BABY BLUES」を経て、次にステージに登場したのはChar。バンド結成直後に福岡のライブハウスにシナロケが出演した際、飛び入り参加したCharと、なんの打ち合わせもなくセッションしたという思い出の曲「VIRUS CAPSULE」を一緒に披露した。その後リードボーカルが鮎川からCharにチェンジし、Cream「White Room」のカバーに突入。日本を代表するギタリストと言えるCharと鮎川の2人が、熱いギターバトルを繰り広げた。

「雨上がりの夜空に」を歌う仲井戸“CHABO”麗市と鮎川誠。(撮影:積紫乃)

「雨上がりの夜空に」を歌う仲井戸“CHABO”麗市と鮎川誠。(撮影:積紫乃)[拡大]

仲井戸“CHABO”麗市は初めて鮎川夫妻と会った下北沢での思い出を語ったのち、鮎川からのリクエストとしてRCサクセションの「雨上がりの夜空に」を演奏。会場中を大合唱に導いた。永井“ホトケ”隆はかつてシーナとデュエットした曲であるジェームス・ブラウンの「I GOT YOU(I FEEL GOOD)」をパフォーマンス。ソウルフルなシャウトで観客を踊らせた。その後、鮎川とはサンハウス時代からの仲間でもあり、シナロケの数々の作詞も手がけている柴山“菊”俊之が登場すると、会場からはひときわ大きな歓声が。「キングスネーク・ブルース」「DREAM+REVOLT」を立て続けにパフォーマンスし、「LEMON TEA」でライブの盛り上がりは最高潮に達した。

金子マリが歌う「YOU MAY DREAM」のパフォーマンス。

金子マリが歌う「YOU MAY DREAM」のパフォーマンス。[拡大]

そして最後に現れたゲストは、シーナとは代沢小学校のPTA仲間でもあった金子マリ。彼女はシーナがステージに降りてきたかのような声で、力強く「YOU MAY DREAM」を歌い上げた。この曲で金子は、サビ前の英語詞をすべて天国のシーナへのメッセージに差し替えて歌唱。さらに、曲後半に差し込まれたシーナへのメッセージで金子が鮎川家の3姉妹について触れると、3女のLUCY MIRRORがステージに乱入。ラストは金子とLUCYがツインボーカルで「これが私のすてきなゆめ」と絶唱した。

アンコールでは、この日ステージに立ったほとんどのゲストに加え、出演者ではなかったが会場に来ていたという内藤幸也、武田“chappy”治を迎えてセッションを実施。チャック・ベリーの「Johnny B. Goode」、マディー・ウォーターズの「Got My Mojo Working」を出演者たちが代わる代わる歌い、にぎやかかつハッピーなロックンロールでシーナを追悼した。最後までステージに残ったシナロケのメンバー3人が、集まったファン1人ひとりとハイタッチに応じ、シーナに捧げるロックンロールの夜は幕を閉じた。

この記事の画像(全15件)

「『シーナの日』#1 ~シーナに捧げるロックンロールの夜~」2015年4月7日 下北沢GARDEN セットリスト

01. BATMAN THEME

02. DEAD GUITAR
Vo:鮎川誠

03. ROKKET RIDE
Vo:LUCY MIRROR、鮎川誠

04. Baby Love
Vo:奈良敏博

05. You Really Got Me
Vo:MAGUMI

06. おまえがほしい
Vo:岩口タカ / G:本間章浩

07. SUGAREE
Vo:澄田健、鮎川誠 / B:穴井仁吉

08. SWEET INSPIRATION
Vo:中山加奈子 / G:澄田健 / B:穴井仁吉

09. HAPPY HOUSE
Vo:Keicot / Dr:池畑潤二

10. DO THE BOOGIE
Vo:花田裕之 / Dr:池畑潤二

11. What a Wonderful World
Vo:石橋凌

12. Gloria
Vo:ROMEL AMADO

13. ロックンロールの夜
Vo:鮎川誠 / G:ROMEL AMADO

14. I'M FLASH "Consolation Prize"(ホラ吹きイナズマ)
Vo:チバユウスケ / Dr:中村達也

15. LAZY CRAZY BLUES
Vo:浅井健一

16. PINUP BABY BLUES
Vo:鮎川誠

17. VIRUS CAPSULE
Vo:鮎川誠 / G:Char

18. White Room
Vo:Char

19. 雨上がりの夜空に
Vo:仲井戸“CHABO”麗市

20. I Got You(I Feel Good)
Vo:永井“ホトケ”隆

21. キングスネーク・ブルース
Vo:柴山俊之

22. DREAM+REVOLT
Vo:柴山俊之

23. LEMON TEA
Vo:柴山俊之、鮎川誠

24. YOU MAY DREAM
Vo:金子マリ、LUCY MIRROR

<アンコール>
25. Johnny B. Goode
ALL CAST / G:内藤幸也 / Dr:武田“chappy”治

26. Got My Mojo Working
ALL CAST / G:内藤幸也 / Dr:武田“chappy”治

全文を表示

SHEENA & THE ROKKETSのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SHEENA & THE ROKKETS / LA-PPISCH / ROCK'N'ROLL GYPSIES / 石橋凌 / The Birthday / LOSALIOS / 浅井健一 / Char / 仲井戸麗市 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。