音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

冨田勲×初音ミク、中国政府からの要請を受けて北京公演決定

388

冨田勲の「イーハトーヴ交響曲」が5月20日に中国・北京世紀劇院で上演されることが決定した。

「イーハトーヴ交響曲」はボーカロイドの初音ミクをソリストとしてフィーチャーし、オーケストラと合唱団によって宮沢賢治の世界を表現する大作。初音ミクを開発したクリプトン・フューチャー・メディアの全面協力のもと、オーケストラが初音ミクの歌に合わせるのではなく、ミクの歌とCGモーションが指揮にリアルタイムでシンクロするという画期的なシステムが導入された。この作品は2012年11月に東京・東京オペラシティコンサートホールで初演されたのち、全国各地で再演が繰り返された。初演の模様を収めたCDはクラシック音楽では異例の1万5000枚を超えるセールスを記録し、ジャンルを超えて大きな注目を集めた。

今回の北京公演は、初音ミクが中国でも絶大な人気を誇っていることから、中国政府からの要請を受けて開催が決定した。コンサートは中国政府文化部、北京市人民政府などが主催する芸術祭「相約北京芸術」の中で、日本発の唯一のプログラムとして行われる。当日は北京のオーケストラであるEOS交響文献楽団が演奏を行い、合唱は宮沢賢治の故郷・岩手のメンバーを中心とした日本の合唱団が担当。日本と中国のプレイヤーたちが一丸となり、初音ミクとともに壮大な宮沢賢治の世界を表現する。なお、翌5月21日には中国・北京天文館プラネタリウムにて、日本のデジタルペインティングアーティスト・KAGAYAと冨田勲によるトークショーが開催される。

「イーハトーヴ交響曲」北京公演

2015年5月20日(水)中国 北京世紀劇院
<出演者>
指揮:河合尚市
オーケストラ:EOS交響文献楽団
ボーカル:初音ミク
エレクトロニクス:ことぶき光
パーカッション:梯郁夫
ピアノ:高橋ドレミ
合唱:イーハトーヴシンガーズ

冨田勲×KAGAYA スペシャルトークショー

2015年5月21日(木)中国 北京天文館 プラネタリウム
<内容>
第一部:「銀河鉄道の夜」上映、冨田勲音楽放映
第二部:スペシャルトークショー

音楽ナタリーをフォロー