音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

仮面ライダー3号・及川光博「20年後は死神博士がやってみたい」

570

及川光博と仮面ライダーV3。

及川光博と仮面ライダーV3。

本日3月21日、映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」の公開初日舞台挨拶が東京・丸の内TOEI1にて行われた。

舞台挨拶には仮面ライダー3号に変身する主人公・黒井響一郎を演じた及川光博を筆頭に、主要キャストたちが集結。仮面ライダーV3、仮面ライダー1号、仮面ライダー2号も駆けつけ、映画の公開を祝福した。ファンの「黒井さん!」という黄色い声援を受けて登場した及川は、「ご鑑賞いただきありがとうございました。ホタルイカが大好きな及川光博です」と挨拶し、「皆さんも興奮さめやらぬ感じですが、僕も興奮しております」と満面の笑みを浮かべた。

トークコーナーで「最強の存在はなんなのか」という話題になると、仮面ライダードライブ役の竹内涼真が「お母さんって言っておいたほうがいいんですかね?」と及川に耳打ち。すると及川も「俺もそう言おうと思ってた!」と同意し観客の爆笑を誘う。さらに竹内は「僕のお母さん、顔はかわいいんですけど、性格がすごいキツくて。21年間、お母さんに怒られないようにどうやったらいいか考えながら生きてきた気がします」と続け、及川に「君、面白いキャラクターだねー」とツッコミを受けていた。一方及川は「僕の母はいつも笑顔で慈悲深くて欲がないんですよ」と自身の母のエピソードを明かし、「あ、もう1人最強の人いました! 美輪明宏さん」と叫び会場を沸かせた。

その後及川は仮面ライダー3号を演じられた喜びを語り、「20年後は死神博士がやってみたいかな。なんとなくいけるかなと(笑)」とライダー作品への再出演の意欲も明かす。そして「今バリバリの少年も、昔少年だった方々にもぜひ胸を熱くしていただきたいなと思います。また女子もこれだけの変身男子がそろってますんで、おそらく1人くらいは胸がキュンとするような男子がいるかと思います。老いも若きも男性も女性もこの春、仮面ライダー3号で胸を熱くしていきましょう」とアピールした。

舞台挨拶の終盤では仮面ライダーV3、仮面ライダー1号、仮面ライダー2号が登場し、及川にエールを送る演出も。「お前が本物の3号だ!」という言葉とともに“3号トロフィー”を受け取った及川は、笑顔を浮かべながらV3と握手を交わす。そして最後は、登壇者たちとともに映画のヒットを願ってシャンパンクラッカーを放ち、祝福ムードの中で「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」の初日舞台挨拶を終えた。

音楽ナタリーをフォロー