音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

CanCamモデルが「特命係長」主題歌で歌手デビュー

1

モデルの阪井あゆみが2月11日にシングル「悲しみを愛しさで」で歌手デビュー。この曲が、1月8日からスタートするテレビ朝日系ドラマ「特命係長 只野仁」の主題歌に起用された。

阪井は2005年、ファッション誌「CanCam」の読者モデルとして大阪で活躍。2007年には同誌の専属モデルデビューをきっかけに、東京進出を果たしている。ファッションモデルという華やかな世界に身を置きながらも、離婚経験を持つなど25歳とは思えない人生経験からくる思いやりや元気で明るい性格が人々を魅了しており、現在人気上昇中のモデルのひとりだ。

歌手デビュー曲「悲しみを愛しさで」は、秋元康が作詞を担当。人気ドラマ「特命係長 只野仁」新シリーズの主題歌に大抜擢され、ドラマのストーリーを大いに盛り上げることになる。

この曲は新シリーズ放送に先駆け、本日1月3日から着うた配信がスタート。CD発売よりひと足先に、この話題曲を楽しむことができる。

なお、本日21:00からは「特命係長 只野仁 シーズン4突入スペシャル」もオンエア。高橋克典や永井大、蛯原友里などのレギュラー陣に加え、中澤裕子がゲスト出演する。さらに、今シーズンから浦野一美(AKB48)のレギュラー出演も決定しており、今夜のスペシャル版から番組に登場する。

音楽ナタリーをフォロー