Ken Band、長丁場イベント大トリ「身が引き締まる思い」

297

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではSATAN STAGEで行われたKen Yokoyamaのライブの様子を紹介する。

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

大きなサイズで見る(全5件)

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

大きなサイズで見る(全5件)

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

Ken Yokoyama(Photo by Teppei Kishida)

大きなサイズで見る(全5件)

12:00からスタートした本イベントも8時間を経ていよいよ最終アクトに。ステージ上方に「Ken Band」と書かれた小さな紙をバックドロップ代わりにしたKen Bandの面々はゆっくりステージに登場すると、笑いながらセッティングを開始。横山健(Vo, G)は「長丁場、ご苦労さんです。楽しんでくれてたらいいなあ。PIZZA OF DEATHのフェスティバルだと思って来たんだけど、どこに自分を置いていいのかわかんないんだけど、いち出演者としてやります」と現在の心境を述べてからギターをつま弾き始め、そのまま「Running On The Winding Road」からライブをスタートさせた。会場の熱気が一気に加熱する中、横山はマイクスタンドをステージ上手側に移動させ、そのまま2曲「How Many More Times」に突入。フロア前方にはクラウドサーファーやモッシュをするファンが続出。そして横山が日の丸の旗を肩にかけると、客席には同じく日の丸の旗を高く掲げる者が多数現れる。すると「ニッポンについての曲をやるわ」の言葉に続いて、Ken Bandは「You And I, Against The World」を力強く披露した。

その後横山が「こんなたくさん活きのいいバンドがたくさんいる中でトリをやらせてもらうと、身が引き締まる思いがするよ」と話してから「We Are Fuckin' One」を演奏するも、終わってから「間違えちゃった! 最初からなんかおかしいと思ったんだよね……『間違えちゃった』って言うバンドも俺たちだけかも(笑)」と話して観客の笑いを誘う。続く「This Is Your Land」では観客が手持ちの旗やタオルを高く掲げてクルクル回し、会場の一体感はより高まっていった。

ライブ冒頭からアップチューンが連発されたが、9曲目「I Love」で会場の熱気が一度クールダウン。ステージに向けて温かい拍手が送られると、Ken Bandは「Punk Rock Dream」で再び攻めの姿勢に突入する。フロアには再度クラウドサーファーが続出したほか、観客が一丸となっての大合唱も沸き起こった。「If You Love Me (Really Love Me)」「Walk」とカバー曲を立て続けに披露すると、ライブもいよいよ佳境に突入。「続けていこう、つないでいこうっていう曲やるわ」と言って「Let The Beat Carry On」を演奏すると、横山は自身のマイクを客席に何度も投げ込み、ファンにこの曲を歌わせようとする。さらに「Believer」でも横山はマイクを投げ込むと自身はギター演奏に専念。マイクを手にしたファンは「Believer」を歌うだけではなく、思い思いの言葉を投げかけていく。そして観客のシンガロングに乗せて、Ken Bandはラストナンバー「Save Us」を熱演して1時間にわたる「SATANIC CARNIVAL'14」最終アクトを無事終えた。

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

Ken Yokoyamaのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Ken Yokoyama の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。