音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SANDとROTTENGRAFFTY、貫禄を見せつけた熱演2連発

314

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催。この記事では、EVIL STAGEで行われたSANDとROTTENGRAFFTYのライブの模様をレポートする。

SAND

SANDはサウンドチェックの段階から強烈な存在感を放ち、準備万端であることをアピール。ノイジーなギターリフとともに本番になだれ込むと、1曲目から鬼気迫るようなプレイでオーディエンスを挑発した。Makoto(Vo)は「Welcome to hell!」と歓迎の言葉を叫び、怒気をにじませたボーカルで会場を圧倒。「Vanilla Shake feat.ANARCHY」ではゲストのANARCHYとの掛け合いで“ハードコアとヒップホップの融合”を生で観客に見せつけた。一方で楽器隊はステージを所狭しと暴れ回り、Ryota(Dr)は激しいリズムを休みなく叩き続け「大阪ハードコアシーンの雄」の異名にふさわしい貫禄たっぷりのアクトを繰り広げていた。

ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTYは観客のヘッドバンギングやコールが起こる「零戦SOUND SYSTEM」からライブを開始。そして「今日はとことんやろうぜ!」というメンバーの叫びを機に、会場全体を巻き込んだパフォーマンスを展開した。ユニークなバリエーションをつけた「SATANICコール」でひと盛り上がりしたあとは、和のリズムや歌詞が魅力の「響く都」でお祭りのような空気を醸し出し、「ガキども全然だぞ!」という挑発から「銀色スターリー」を激しくプレイ。さらにはデジタルサウンドを取り入れた「D.A.N.C.E」で観客を踊らせるなど、限られた時間の中でさまざまなタイプの曲を届け、オーディエンスの笑顔を呼んでいた。

音楽ナタリーをフォロー