SCOOBIE DO×怒髪天×ライムス、夢を叶えたコラボステージ

462

SCOOBIE DOが昨日3月30日、神奈川・CLUB CITTA'にて主催イベント「Root & United SPECIAL」を実施した。

「Root & United SPECIAL」出演者全員によるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

「Root & United SPECIAL」出演者全員によるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

大きなサイズで見る(全20件)

怒髪天とSCOOBIE DOのコヤマシュウ(Vo)、マツキタイジロウ(G)によるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

怒髪天とSCOOBIE DOのコヤマシュウ(Vo)、マツキタイジロウ(G)によるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

大きなサイズで見る(全20件)

RHYMESTERとSCOOBIE DOによるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

RHYMESTERとSCOOBIE DOによるコラボステージ。(撮影:シバタエリ)

大きなサイズで見る(全20件)

SCOOBIE DO(撮影:シバタエリ)

SCOOBIE DO(撮影:シバタエリ)

大きなサイズで見る(全20件)

「Root & United SPECIAL」に出演したSCOOBIE DO、怒髪天、RHYMESTER。(撮影:シバタエリ)

「Root & United SPECIAL」に出演したSCOOBIE DO、怒髪天、RHYMESTER。(撮影:シバタエリ)

大きなサイズで見る(全20件)

SCOOBIE DOがゲストを招いて対バンを繰り広げる恒例企画「Root & United」の20回目を記念し、特別版として開催された今回のライブ。彼らはゲストの怒髪天RHYMESTERとともに3時間強にわたるライブを繰り広げた。

フロア内に設置されたサブステージにて、「Root & United」には欠かせない山名昇(BLUE BEAT BOP!)のDJが開演前の会場を温める中、SCOOBIE DOのマツキタイジロウ(G)、ナガイケジョー(B)、オカモト“MOBY”タクヤ(Dr)がサブステージに登場。3人がムーディなセッションを始めるとそこにコヤマシュウ(Vo)も現れ、客席に向かって丁寧に挨拶する。彼は本イベントの趣旨を説明しこの日の出演者を告げたのち、「あともう1組出演者呼んでます……君だよ。君が来てくれたからこのお祭りすごいことになるんだよ」とオーディエンスを歓迎した。「彼らが鳴らすロックンロールは我々の生活、我々のソウル、我々の人生にしみる」というコヤマ流の怒髪天の紹介を挟んで、バンドは「労働CALLING」のカバーをワンコーラス演奏してから全員の注目をメインステージへ促した。

怒髪天のステージは増子直純(Vo)がクシで髪の毛を整え、それを客席に放り投げたことを口火にスタート。メンバー4人は「己DANCE」「明日への扉」とシンプルかつ熱量の高いロックンロールを観客へ惜しみなくぶつけ、場内の温度を引き上げる。落ち着いた照明のもとで演奏された「友として」のあとには、増子が「あんまり楽しいイベントでやる曲ではないかもしれないけどね、やりたい。友達はいいもんですよ」「せっかくなんで友を呼びたいと思います」と言ってコヤマとマツキを呼び込んだ。先日YouTubeで公開された「恋するフォーチュンクッキー Rock Musician Ver.」に出演している両バンドは、企画の発起人である加藤ひさし(THE COLLECTORS)に依頼されたときの裏話などをあけすけに語って観客の笑いを誘う。そして6人で「喰うために働いて 生きるために唄え!」を盛大に披露した。4人に戻ってからは「団地でDAN!RAN!」で増子が「恋チュン」に登場する“おにぎり”の振り付けを踊る場面も。最後には「歩きつづけるかぎり」「プレイヤーI」と連投し、終始エネルギッシュなパフォーマンスで1番手を飾った。

RHYMESTERの出番の前にもサブステージにはSCOOBIE DOの面々がスタンバイ。コヤマによる「ヒップホップというジャンルにこだわりながら、境界線を広げながら、フロアに来る君の心をロックする」という紹介と「This Y'all, That Y'all」のSCOOBIE DOバージョンでオーディエンスの期待が高まったところでDJ JIN、宇多丸、Mummy-Dが姿を現すと、フロアには彼らを迎える歓声が響きわたった。3人は宇多丸の「川崎CLUB CITTA'、俺たちのホームグラウンドですから! 帰ってきたぜ『ONCE AGAIN』!」という宣言から「ONCE AGAIN」「付和Ride On」と披露し、あっという間にフロアを掌握。Mummy-Dが汗まみれの宇多丸の頭をタオルで拭いて一息つくと、RHYMESTERとこの会場の縁や今回の対バン企画が5~6年前から持ち上がっていたことなどが語られる。Mummy-Dが増子とのハートウォーミングな秘蔵エピソードを明かしたときには、会場は温かい空気に包まれた。刺激的なナンバー「余計なお世話だバカヤロウ」を終えて宇多丸が「バカヤロウこの野郎! このイベント楽しすぎるじゃねえか! 責任者出てこいよ、けしからん!」と言い放つと、ステージ両サイドからバンドセットとともに台に乗ったSCOOBIE DOの4人が出現。彼らがDJ JINのプレイに音を重ねると、そのまま7人による「けしからん」へ。“責任者”を見送った彼らは「The Choice Is Yours」でライブを締めた。

頭にハチマキを巻いた増子と宇多丸が意気揚々と舞台に飛び出し、ひとしきり気ままな前説を展開して客席を沸かせたあと、おなじみのSEに乗せていよいよトリのSCOOBIE DOが姿を見せる。彼らは場内の熱気をさらに上昇させるように「PLUS ONE MORE」から勢いよくライブを始めた。コヤマは「騒ぐぞ川崎!」と絶叫すると、「Disco Ride」で観客を巻き込んだ狂騒状態へと導く。彼のハイテンションな挨拶からバンドは「真夜中のダンスホール」で横ノリのグルーヴを作り出し、「ミラクルズ」で哀愁を漂わせる。「TIGHTEN UP」ではコヤマが「まだまだいけるよな川崎!」と煽り、宇多丸、Mummy-D、DJ JINを呼び入れた。宇多丸&Mummy-Dのラップ、DJ JINのビートが彩りを添えたこの曲を、オーディエンスも自由に身体を揺らして楽しむ。そこから「What's Goin' On feat. RHYMESTER」へなだれ込むと、会場内の興奮度は急上昇した。MCでコヤマはこの顔合わせが実現するまでの過程をしみじみと語り、「俺の中では夢だったわけ。今日君が来てくれたから、俺たちの夢が現実になったと思ってます」と足を運んだファンへ感謝の気持を表した。その後は「ノンストップでぶっ飛ばす」という宣言通り「トラウマティック・ガール」「ロックンロールは未定」「Back On」とキラーチューンが連発される。「かんぺきな未完成品」ではマツキとナガイケがステージ上をめいっぱい使い、せわしなく動きまわった。

アンコール1曲目はSCOOBIE DOのデビュー曲「夕焼けのメロディー」。怒髪天から増子と上原子友康(G)を加えたバンドは、過去に坂詰克彦(Dr)が舞台袖でこの曲を聴いて号泣したという話を盛り込みつつ、ツインボーカル&ツインギターで熱演した。コヤマが出演者全員を招き役者がそろうと、SCOOBIE DOとRHYMESTERとのコラボ曲である「やっぱ音楽は素晴らしい」が怒髪天も含む11人でパフォーマンスされる。フロアとのコール&レスポンスもこの日一番の盛り上がりを見せ、大成功のうちにイベントは終わりを迎えた。最後には11人が手をつなぎ、何度も大きくお辞儀する。退場する間にもそれぞれ固い握手を交わしたり抱き合ったりし、ステージには笑顔あふれる光景が広がった。

「Root & United SPECIAL」
2014年3月30日 CLUB CITTA' セットリスト

怒髪天

01. 己DANCE
02. 明日への扉
03. 濁声交響曲
04. あえて荒野をゆく君へ
05. 友として
06. 喰うために働いて 生きるために唄え!
07. 団地でDAN!RAN!
08. 歩きつづけるかぎり
09. プレイヤーI

RHYMESTER

01. After The Last –Intro-
02. ONCE AGAIN
03. 付和Ride On
04. Deejay Deejay(Expansions ver.)
05. 余計なお世話だバカヤロウ
06. けしからん with Scoobie Do
07. The Choice Is Yours

SCOOBIE DO

01. PLUS ONE MORE
02. Disco Ride
03. 真夜中のダンスホール
04. ミラクルズ
05. TIGHTEN UP with RHYMESTER
06. What's Goin' On feat. RHYMESTER
07. トラウマティック・ガール
08. ロックンロールは未定
09. Back On
10. かんぺきな未完成品
<アンコール>
11. 夕焼けのメロディー with 増子直純&上原子友康(怒髪天)
12. やっぱ音楽は素晴らしい with RHYMESTER&怒髪天

この記事の画像(全20件)

SCOOBIE DOのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SCOOBIE DO / 怒髪天 / RHYMESTER の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。