音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

新生ナゴム第1弾アルバムは鈴木慶一×KERA新ユニット

154

KERA(ケラ&ザ・シンセサイザーズ)主宰による伝説のインディレーベル「ナゴムレコード」が新たな形で再始動。その第1弾作品として、鈴木慶一(ムーンライダーズ)とKERAによる新ユニットNo Lie-Sense(ノー ライ・センス)のアルバム「First Suicide Note」が本日11月6日にリリースされた。

アルバム「First Suicide Note」には有頂天の「僕らはみんな意味がない」や、蛭子能収が作詞を手がけたムーンライダーズの「だるい人」、慶一&KERAによる企画ユニット・秩父山バンドが1988年に発表した「DEAD OR ALIVE(FINE, FINE)」のセルフカバーを含む全10曲を収録。レコーディングにはメンバーの2人のみならず大槻ケンヂ野宮真貴坂本美雨、武川雅寛(ムーンライダーズ)、上野洋子、犬山イヌコ、緒川たまき、大森靖子といった多彩なゲストも参加しており、録音とミックスはpupaなどで活躍するゴンドウトモヒコが手がけている。アートディレクションはピチカート・ファイヴや松任谷由実、Mr.Childrenらの作品で知られる信藤三雄によるもので、信藤は収録曲「イート・チョコレート・イート」のビデオクリップもディレクションを担当した。

アルバム発売に伴い、11月22日には東京・タワーレコード新宿店7Fイベントスペースにてリリース記念イベントが開催される。また本日11月6日(水)深夜に放送されるTBS系「オトナの」ではNo Lie-Senseのコメント映像がオンエア。明日11月7日(木)のTBSラジオ「たまむすび」にはKERAが、翌8日(金)の文化放送「スパカン」には鈴木慶一とKERAが揃ってゲスト出演する。

なお新生ナゴムレコードではこのあと第2弾作品として、直枝政広(カーネーション)が「直枝政太郎」名義で1982年に制作した自主カセットテープ「東京ゴジラ」がCDアルバムとなってリリースされる。またNo Lie-Senseはさっそく2ndアルバムのレコーディングに取りかかっているとのことなので、今後の動きも楽しみにしておこう。

No Lie-Sense「First Suicide Note」収録曲

01. けっけらけ(feat. 上野洋子+緒川たまき+犬山イヌコ)
02. 僕らはみんな意味がない(feat. 上野洋子+緒川たまき+犬山イヌコ)
03. 嘘つきぶっく
04. だるい人(feat. 野宮真貴+上野洋子)
05. 鉄道少年(feat. 武川雅寛)
06. MASAKERU(feat. 大槻ケンヂ+上野洋子)
07. 反転せよ/火事
08. DEAD OR ALIVE(FINE, FINE)(feat. 野宮真貴+上野洋子)
09. イート・チョコレート・イート
10. 大通りはメインストリート(feat. 大森靖子)

No Lie-Sense デビューアルバム発売記念イベント

2013年11月22日(金)東京都 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
START 21:00
<出演者>
No Lie-Sense(鈴木慶一&KERA)
司会:能地祐子
内容:トークショー&サイン会

■No Lie-Sense「イート・チョコレート・イート」

音楽ナタリーをフォロー