これまで集めてきた7inchの野球レコードに囲まれる中嶋勇二さん。

一風変わった形で音楽を楽しむ人たち 第3回 [バックナンバー]

野球レコードコレクターの終わりなき旅、選手本人にとどまらず家族や元妻の音源も収集

「音の球宴」FPM中嶋が野球レコードに心血を注いだ約30年間

5

951

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 385 330
  • 236 シェア

ターンテーブル上で再生されるレコードはすべてプロ野球の関連音源――そんなDJイベント「プロ野球 音の球宴」をご存じだろうか。主宰するのは野球レコード収集家の中嶋勇二さんだ。好事家からは「ファンタスティック・ピッチングマシーン」の称号とともに“FPM中嶋”とも呼ばれる57歳。その男はかつて東京タワーズやTIGHTS、King&countryなどのドラマーとしてビートを刻み、主に都内を中心にライブ活動を行った経歴を持つ。

一般的な音楽ファンとは異ったアプローチで音楽を味わっている人々に話を聞き、これまであまり目を向けられていなかった多様な楽しみ方を探る本連載。第3回は中嶋さんにインタビューし、野球レコード収集に心血を注いだ自身の約30年間を振り返ってもらった。

取材・/ 加藤弘士(スポーツ報知) 撮影 / 臼杵成晃

岸野雄一、川勝正幸、加藤賢崇との出会いと東京タワーズ

1964年2月14日、中嶋さんは東京五輪開幕直前の東京・品川区で産声を上げた。港区三田で過ごした小学生時代。周囲の同級生たちが「巨人・大鵬・卵焼き」を愛する中、心を惹かれたのはパ・リーグの野球チームだった。

「アニメやマンガの『巨人の星』『侍ジャイアンツ』を観るようになって、野球に興味を持ち始めました。『アストロ球団』を読んでいると、西鉄とか阪急とか、ナイター中継を観ていてもなじみのないチームが出てきて。『侍ジャイアンツ』でもオールスター戦で、ノムさん率いる全パが番場蛮と対峙するんです。すると、聞いたこともないチーム名がいっぱい出てくる。そこからパ・リーグに興味を持っていったんです」

初観戦もパ・リーグ。後楽園球場での日拓ホームフライヤーズ対阪急ブレーブスの一戦だ。ここで中嶋さんは日拓の世界観に魅了されてしまう。

「小4か小5ですね。子供心を鷲づかみされて。あの頃のパ・リーグって、太平洋クラブとかユニホームがどんどん派手になっていった。日拓も七色のユニホームを採用していて。当時はニット素材で伸縮性があったんです。派手な色のニット素材のユニホームを張本勲とか大杉勝男、白仁天とか、ゴツい人たちが着ている。当時のパ・リーグの後楽園球場や神宮球場は本当にお客がいなくて。ガラガラの中で展開される、派手なユニホームを着たゴツいおじさんたちの野球に、たまらない魅力を感じてしまったんです」

高校に入学した中嶋さんは徐々に音楽にも魅せられ、ライブハウスに通い始める。時代は1970年代から1980年代へ。東京では新しい時代の文化が開花しようとしていた。

「お小遣いもそんなにないので、『ぴあ』や『シティロード』をじっくり眺めて、どこに行くか吟味していました。最初に行ったのは新宿LOFTの昼の部かな。パンク、ニューウェイブ系のバンドが出ていました」

音楽に映画、雑誌。新時代の刺激的な文化には自然と人が集い、さらなるさまざまな出会いを欲していた。中嶋さんは8mm映画を通じて岸野雄一と、雑誌「話の特集」のトークライブを通じてエディター / ライターの川勝正幸と出会い、川勝の紹介で加藤賢崇との交友が始まる。

「原宿クロコダイルで、ゲルニカのライブがあるっていうときに、岸野や川勝さん、賢崇くんにも声をかけて。そのときがみんなの初顔合わせとなりました。それ以降、連れ立ってライブを観に行くだけだったんですけれど、だんだんバンドをやってみたい欲が首をもたげまして。まったく楽器経験もないのに、ドラムを叩くことになって」

バンド「東京タワーズ」の結成である。プロレスファンには往年のジャイアント馬場&坂口征二のタッグ名としても有名だ。複数の案からこの名前にしたのは、川勝のアイデアだった。ボーカルは加藤、シンセサイザーは岸野。レトロな特撮やアニメの主題歌、橋幸夫の歌謡曲を独自の解釈で演奏する洒落者たちは、高感度のオーディエンスを虜にしていった。その1人に、当時高校生だったフォトグラファー / デザイナーの常盤響もいた。

2009年12月の東京タワーズ。左から岸野雄一、加藤賢崇、中嶋さん。撮影は常盤響。

2009年12月の東京タワーズ。左から岸野雄一、加藤賢崇、中嶋さん。撮影は常盤響。

「バンドは超初心者で演奏はド下手くそだったんですが、常盤くんはなぜか面白がってくれて。JICC出版局(現・宝島社)が出していた『パワフル・ブーム・プレス Boom』というティーン向けの雑誌があったんですけど、そこでインタビューしたいとやって来て。さらには東京タワーズのファンクラブを結成したいと。そのファンクラブがのちに『京浜兄弟社』に発展するわけです」

野球レコードに目覚めたきっかけの1枚

東京タワーズ周辺の関係者を指す「京浜兄弟社」には好奇心の強い人々が集い、文化的な化学反応を起こして、最前線のカルチャーシーンへと躍り出ていった。

そして時代は移ろい、1990年代前半のこと。中嶋さんは突如、野球レコードに目覚める。きっかけは京浜兄弟社の関西ツアーだった。

「それ以前から岸野と交流のあった、ライターで“漫筆家”の安田謙一さんが、神戸の高架下を案内してくれて。いくつか中古レコード店があったんですが、その中の1店舗がほぼ住居という状態で、売り場が土間なんですよ。スチールの本棚があって、7inchのレコードがジャンル分けもされずにガーッと詰まっている。どれでも1枚100円。ヨイショってひとつかみして、土間にしゃがみこんで探して。プレミアが付いてるようなレコードも1枚100円ですから、みんな目の色を変えて7inchをワッセワッセとやるわけです。そのときに誰かから『野球のレコードあるよ。中嶋、野球好きだったよね』って渡されたのが、阪急の大熊忠義と福本豊が2人でジャケットに写っている『この足で…』というレコードだったんです」

中嶋さんが“野球レコード”道へと足を踏み入れるきっかけとなった大熊忠義&福本豊「この足で…」。

中嶋さんが“野球レコード”道へと足を踏み入れるきっかけとなった大熊忠義&福本豊「この足で…」。

阪急の1番打者で「世界の盗塁王」と呼ばれた福本。その盗塁を2番打者としてアシストした大熊は歌がうまく、何枚かレコードをリリースしている。「この足で…」は大熊が歌唱し、福本がセリフを添える1984年リリースのムード歌謡だった。

「野球選手のレコードを集めてみるのも面白いかも、とそのとき思って。『この足で…』を含めて数枚買ったのがきっかけです。音楽的には、当時はそりゃあまったくピンと来ませんでした(笑)。ただ、大熊さんが本当に歌が好きで、気持ちよく歌う合間に、福本さんが実に味のあるセリフを言う。だから興味を持ったのは音楽としてというよりも、“味”ですね。根本敬さんの『幻の名盤解放同盟』的な精神もあった。『すべての音源はターンテーブル上で平等に再生表現される権利を持つ』というね」

東京ではおしゃれな渋谷系のムーブメントが起こり始めていた頃。中嶋さんは時代に逆行するかのように一心不乱に中古レコード店を周り、野球レコードの発掘へと勤しんだ。

「それまでは洋楽系のレコードを扱っていたような、ZESTとかに通っていたわけですけど、それ以降はもう、一切行かず(笑)。当時住んでいた西荻窪のファンレコードや三鷹のパレードとか。『こういうところならあるぞ』というお店に足を運ぶようになりました。『スポーツ / ドキュメント』とかの仕切りがあるお店へ重点的に通うようになって。集め始めですから、掘ればもう、いくらでも出てくる。応援歌もあれば球団歌もあるし。選手の歌モノもあるしでもうウハウハですよ」

木田勇が入団1年目の1980年に発表した「青春・I TRY MY BEST」。B面にはキーボーディスト清水信之が作・編曲を手がけた「MR. ガッツポーズのテーマ」を収録。中嶋さんは当時の木田の背番号にちなんでこの7inchを16枚集めることを目標にしている。

木田勇が入団1年目の1980年に発表した「青春・I TRY MY BEST」。B面にはキーボーディスト清水信之が作・編曲を手がけた「MR. ガッツポーズのテーマ」を収録。中嶋さんは当時の木田の背番号にちなんでこの7inchを16枚集めることを目標にしている。

序盤は収集も快調だったが、徐々に労力を必要とするようになっていった。

「選手の歌モノは、ジャケ写でユニホームを着ていれば野球選手と分かるんですけど、スーツ姿の人もいる。小林繁とか柳田真宏とか。そういった場合はレコード屋の店員も野球選手と気付かず『スポーツ / ドキュメント』のコーナーに入らない。そうなったら『男性歌手:あ行』から探すことになるんです。そこから『男性歌手:わ行』まで、五十音順にひと通り見る作業が必要になる。その店の店員さんの野球への知識があるかないかで、見つけるまでの道のりは大きく変わってきましたね」

「スポーツ / ドキュメント」コーナー置かれない野球レコードの例。美空ひばり「男の腕」には、曲の途中に金田正一による野球人生についての語りが入る。

「スポーツ / ドキュメント」コーナー置かれない野球レコードの例。美空ひばり「男の腕」には、曲の途中に金田正一による野球人生についての語りが入る。

「男の腕」のジャケットを開くと、美空ひばりと握手するスーツ姿の金田正一の姿が。

「男の腕」のジャケットを開くと、美空ひばりと握手するスーツ姿の金田正一の姿が。

金銭的な負担はいかほどだろうか。

「野球レコードには相場がないんです。例えばThe Beatlesなら、この盤だったらいくらって、全世界的規模で相場がある。でも野球レコードは、この店なら1000円ちょっとする同じ盤が違う店に行くと100円コーナーに、がしょっちゅうです。1000円を超えるものはまず一度見送って。ほかで探して同じものが安かったら、そこで買う。だから最初のうちは金銭的に楽だった。でも、だんだん所有枚数が増えてくるに従って、見たことのない盤が減ってくる。そうなるとお金を積まなきゃならない段階に突入してくるんです」

コレクター魂に火が点いた。たった1曲のためにまとまった金額を払うことも出てきた。

早見優の曲に『YES, YOU WIN』という阪急ブレーブスのイメージソングがあって。これがCDボックスの中の1曲として初めて製品化された。5枚組ですけど、この1曲だけのためにボックスセットを秋葉原の石丸電気で新品で買いました。1万円ぐらいですね。でも私が用があるのは、この1曲だけ。残りの4枚はいまだに未開封のままです。それでも野球レコードならば、買わなきゃいけない。まったく覚える必要のない勝手な使命感というか」

早見優ボックスセット「ぼくらのベスト 早見優CD-BOX」のDisc 5。3曲目に「YES, YOU WIN」が収録されている。

早見優ボックスセット「ぼくらのベスト 早見優CD-BOX」のDisc 5。3曲目に「YES, YOU WIN」が収録されている。

「家族モノ」「元・奥さんシリーズ」……拡張し続ける野球レコードのカテゴリー

「本人歌唱モノ」や「球団歌」「応援歌」などを収集し続けていると、徐々にあらゆる野球レコードを網羅できてきた。野球レコード収集の旅は終わってしまうのか。いや、まだまだゲームセットにさせてたまるか――。

「そう感じるようになって手を出したのが『家族モノ』です。具体的に言うと、選手の奥さんがかつてアイドル時代に出していたものとか、あと選手の娘とかです」

「家族モノ」の例。メンバー4人中3人(石川梨華、紺野あさ美、柴田あゆみ)が野球選手の妻になり、のちに“家族モノ”の野球レコードへと変貌した、ハロー!プロジェクト内ユニット・タンポポのシングル「BE HAPPY 恋のやじろべえ」。

「家族モノ」の例。メンバー4人中3人(石川梨華、紺野あさ美、柴田あゆみ)が野球選手の妻になり、のちに“家族モノ”の野球レコードへと変貌した、ハロー!プロジェクト内ユニット・タンポポのシングル「BE HAPPY 恋のやじろべえ」。

こちらも「家族モノ」の例。金田正一の息子で俳優の金田賢一による、自身が主演した映画「太陽のきずあと」の主題歌シングル。

こちらも「家族モノ」の例。金田正一の息子で俳優の金田賢一による、自身が主演した映画「太陽のきずあと」の主題歌シングル。

金田正一の弟・金田星雄による、兄の口癖を曲名にしたシングル。金田星雄は国鉄に入団するも一軍実績のないままわずかな期間でプロ野球を引退し、歌手に転向した。

金田正一の弟・金田星雄による、兄の口癖を曲名にしたシングル。金田星雄は国鉄に入団するも一軍実績のないままわずかな期間でプロ野球を引退し、歌手に転向した。

ここで中嶋は、家族モノの名作として、のちに元ロッテのサブロー夫人となる中嶋美智代が1992年7月にリリースした3rdアルバム「たんぽぽ」の2曲目「雨のスタジアム」を挙げた。

中嶋美智代「雨のスタジアム」の歌詞を読み上げる中嶋さん。

中嶋美智代「雨のスタジアム」の歌詞を読み上げる中嶋さん。

「歌詞を読みますと、彼氏と野球観戦デートのはずが、行く途中に雨で中止になってしまったという曲で。『早くドームにしてほしいよって口をとがらせ』とか『青い帽子抱いて電車に長いことゆられて来たけれど池袋でるとき雲行きあやしくてこうなると思った』という歌詞からは、西武球場に行こうとしていたカップルであることがわかるわけです。つまり中嶋美智代さん、最終的にはロッテの選手と結婚するわけですけれど、曲の中では西武ファンの彼氏と交際していたのかという(笑)」

作詞は南野陽子SMAPでヒット曲を連発した小倉めぐみだ。

「アイドルソングなのに、歌詞には『オールスター前のゲーム差』とか『インフィールドフライ』とか出てくるのも素晴らしいです」

しかし、プロ野球はある意味“水商売”。華やかな一方、人生いろいろな世界でもある。

「円満な家庭もあれば、別れることもある。『家族モノ』だった野球レコードがある日、野球レコードではなくなってしまうこともあるんです。それでは寂しいので、これらは『元・奥さんシリーズ』にカテゴライズしています」

「元・奥さんシリーズ」の例。「スター誕生!」出身者により結成されたアイドルグループ、ギャルの1978年のシングル「マグネット・ジョーに気をつけろ」。ジャケット中央の黒木真由美はジャイアンツの林泰宏と結婚し、1996年に離婚した。

「元・奥さんシリーズ」の例。「スター誕生!」出身者により結成されたアイドルグループ、ギャルの1978年のシングル「マグネット・ジョーに気をつけろ」。ジャケット中央の黒木真由美はジャイアンツの林泰宏と結婚し、1996年に離婚した。

「元・奥さんシリーズ」の例。“ハマの大魔神”こと佐々木主浩の前妻である清水香織による、竹内まりやのカバー「不思議なピーチパイ」。

「元・奥さんシリーズ」の例。“ハマの大魔神”こと佐々木主浩の前妻である清水香織による、竹内まりやのカバー「不思議なピーチパイ」。

1995年に西岡洋と結婚し、1998年に離婚した渡辺典子の、自身が主演した映画の主題歌「晴れ、ときどき殺人」。

1995年に西岡洋と結婚し、1998年に離婚した渡辺典子の、自身が主演した映画の主題歌「晴れ、ときどき殺人」。

ホークスの本間満と離婚した結城めぐみのデビューシングル「YOU」。アニメ「美味しんぼ」初代オープニングテーマ。

ホークスの本間満と離婚した結城めぐみのデビューシングル「YOU」。アニメ「美味しんぼ」初代オープニングテーマ。

工藤静香が所属していたことで知られるセブンティーン・クラブの2ndシングル「バージン・クライシス」。中嶋さんにとっては「清原和博の元・奥さん(木村亜希)のレコード」。

工藤静香が所属していたことで知られるセブンティーン・クラブの2ndシングル「バージン・クライシス」。中嶋さんにとっては「清原和博の元・奥さん(木村亜希)のレコード」。

岡村孝子のソロデビュー曲「風は海から」も、やはり中嶋さんにとっては「石井浩郎の元・奥さんのレコード」。

岡村孝子のソロデビュー曲「風は海から」も、やはり中嶋さんにとっては「石井浩郎の元・奥さんのレコード」。

次のページ
フロアを沸かせる野球レコードのキラーチューンとは

読者の反応

  • 5

東京キララ社 公式 @tokyo_kirarasha

始まりました!
「迷盤珍盤プレイバック part4」
https://t.co/3jb8JRmS13
#アレコード #ij954 https://t.co/00s1lC4Cb8 https://t.co/Rn4laoqYCR

コメントを読む(5件)

岸野雄一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 岸野雄一 / 川勝正幸 / 加藤賢崇 / 張本勲 / 橋幸夫 / 根本敬 / 早見優 / 中嶋美智代 / 南野陽子 / SMAP の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。