竹内まりや

竹内まりや

タケウチマリヤ

1978年、シングル「戻っておいで・私の時間」でデビュー。「SEPTEMBER」「不思議なピーチパイ」など次々とヒットを飛ばす。山下達郎と結婚後は作詞家、作曲家として「元気を出して」「駅」など多くの作品を他の歌手に提供する傍ら、1984年に自らもシンガーソングライターとして復帰し、1987年に発表した「REQUEST」以降すべてのオリジナルアルバムがミリオンセールスを記録している。2014年に発表したアルバム「TRAD」は「第56回日本レコード大賞」で「最優秀アルバム賞」を受賞。11月から12月にかけて、33年ぶりとなる全国ツアー「souvenir 2014」を開催し、約7万5000人を動員した。2018年10月には約4年ぶりの両A面シングル「小さな願い / 今を生きよう(Seize the Day)」をリリース。同年11月にデビュー40周年を迎え、2019年9月にはデビュー40周年企画の一環として3枚組のベストアルバム「Turntable」を発表。同年末には「第70回NHK紅白歌合戦」に特別企画枠で初出演し「いのちの歌」を披露した。2020年11月に初の映像作品「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」をリリース。2021年4月より約7年ぶりのライブとなるアリーナツアー「ケンタッキーフライドチキン presents souvenir2021 mariya takeuchi live supported by JAPAN FM NETWORK」を開催予定。

リンク

関連する画像