RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 春の特別編(OFF編) [バックナンバー]

休みの日のRIKUは何をしている?

ストイックな日々と初めて明かす両親への思い

3434

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・RIKUさんの連載「音楽大陸」春の特別編ではRIKUさんの単独インタビューを掲載中。ON編ではライブにかける思いを聞き、OFF編ではRIKUさんのOFFの日の過ごし方を教えてもらいました。「もし1週間休暇があったら何をする?」という質問には、海外旅行を挙げたRIKUさん。旅行先について話を聞く中で出てきたのは、ひとりっ子のRIKUさんを大切に育ててくれた両親への感謝の思いでした。

記事の最後にはグループでの活動がない“OFFの日”のRIKUさんに密着した20分超えのVlog「OFFのRIKU」を掲載。目黒川に集合し、中目黒近辺を散策したあと、ルーティーンであるキックボクシングジム・EXFIGHTでトレーニングを受ける様子を映像で紹介します。

取材・/ 清本千尋 撮影 / 曽我美芽

得意料理はオムライス

──オフの日は家で何をしていることが多いですか?

桜を見るRIKUさん。

桜を見るRIKUさん。

料理をしているか、ピアノの練習をしているか、弾き語りの動画を撮っているか、YouTubeを観ているか、Netflixで韓国ドラマを観ているか……ですかね。

──RIKUさんは自炊派で「音楽大陸」の近況報告でもたまに“減量メシ”の写真を掲載していますよね。得意料理はなんですか?

オムライスです! ケチャップライスをきれいに玉子で包んだオムライスを作ってみたくて、料理上手な劇団EXILEの小澤(雄太)さんにアドバイスをもらって。

──RIKUさんはふわとろ派ではなく、昔ながらのオムライス派なんですね。

桜とRIKUさん。

桜とRIKUさん。

いや、一番好きなのはふわとろでビーフシチューがかかったやつですね。昔ながらの喫茶店で出てきそうな、玉子でケチャップライスをきっちり包んだものが基本だと思ったのでまずはそれを練習して。今はふわとろな玉子のオムライスを作れるように練習しているんですけど、YouTubeを観ていたら「ドレス風オムライス」っていうとろとろのやつも見付けて気になっています。失敗しても食べるのは自分なので、「こんな隠し味を入れたらどうかな?」とかいろいろ試してますね。

──オムライスのほかに何か最近作ったものはありますか?

節分にいろんな具材を入れた恵方巻きを作って、恵方を向いて無言で食べました。ネットでレシピを見ながらいろいろ料理を楽しんでますね。どうしても技術が必要なものは小澤さんに聞いたりして。玉子が上手にできなかったんでアドバイスをもらって。今は、料理だけじゃなくて人に勧められたものをいろいろやってみたくて、マネージャーさんにおすすめしてもらった韓国ドラマを観て、その影響でヤンニョムチキンを作って、チャミスルを飲みながら食べた日もありました。

──RIKUさんは英語の勉強もしていましたよね。それも続いていますか?

もちろん。それなりに会話をできるようになってきたので、英語をしゃべれる後輩と英語で話すこともあります。「RIKUさん、かなり英語がしゃべれるようになりましたね」と言われたときはうれしかったです。

2、30テイクは撮るんですよ

──YouTubeやNetflixをよく観るという話もありましたが、私は一旦韓国ドラマなどを観始めると続きが気になってほかのことができなくなってしまいます。RIKUさんはそういうことはないですか?

AMAZING COFFEEに到着したRIKUさん。

AMAZING COFFEEに到着したRIKUさん。

YouTubeやNetflixを観ながら何かをすることはあまりなくて、基本的にやるべきことをすべて終えたうえで観るようにしています。それこそ丸々1日スケジュールが空いているときは、午前中にトレーニングをしにジムへ行って、帰ってきてお昼を食べてから弾き語り動画「RIKUのMUSIC TIMES」のネタ作りをして、夕方頃に買い出しに行って早めに夕飯を作り始めるんです。あとはもう寝るだけになってから動画を観て、そのまま寝落ちします(笑)。

──見習います。ちなみに「RIKUのMUSIC TIMES」のネタ作りにはどれくらい時間がかかるんですか?

2、3時間ぐらいですかね。曲を決めてある程度お見せできるレベルにするのに練習が必要なのと、一切加工編集をせずに公開するという僕のポリシーがあるので、ちゃんとしたテイクが撮れるまでぶっ続けでやるんです。1曲に対して2、30テイクは撮るんですよ。その中で一番よかったものを公開するようにしています。

──30テイク! すごいですね。カバーするときは基本的に全部耳コピなんですか?

基本は耳コピですね。コードがわからないときはネットで調べてそこを起点に弾くようにしています。最近は、アップテンポなダンスミュージックをアコースティックアレンジでやったら面白いんじゃないかなと思っていろいろ試してるんですよ。逆もしかりで、スローバラードをテンポを上げて歌ったら面白いかな?とか、そういうことを考えていろいろやってますね。音楽ってそうやって楽しむものだと思うので、オリジナルをリスペクトしつつ、いろんな形でいい曲を届けられたらと思っています。

──家で音楽は聴きますか?

「コーヒーシャリシャリ」を飲むRIKUさん。

「コーヒーシャリシャリ」を飲むRIKUさん。

家では基本歌がないトラックだけのものを聴くことが多いです。ジャンルとしてはR&Bやソウルが多いです。最近の曲をチェックしておきたいので、R&Bのヒット曲のプレイリストを流すときもありますね。

──スピーカーにこだわりはありますか?

スピーカーも持ってるんですけど、基本的にテレビでプレイリストを検索してそのままテレビのスピーカーで聴くことが多いです。あと好きなバラエティの録画を観て「もし僕だったらこういうコメントするな」とか考えてます(笑)。

──バラエティといえば、先日RIKUさんは「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にゲスト出演していましたよね。体を張った企画にも進んで参加していて大活躍でした。

THE RAMPAGEからLIKIYAさん、陣くん、(川村)壱馬、(吉野)北人と僕の5人で出たんですけど、パンストをかぶる企画は打ち合わせの時点で陣くんと2人で行こうと決めました。芸人さんたちは「EXILE TRIBEなんだからそんなことやらなくていいよ!」って言ってくれるんですけど、僕としては「いやいや、EXILE TRIBEだってやりますよ」という気持ちなんですよね。僕が素敵だなと思う人はみんないい意味でNGがない人たちなので、僕もそうなりたくてやりました。どんなことでも、その行動に至るまでのプロセスや思いがあるのであれば、多少失敗してもいいんじゃないかなと思ってるんですよ。

──RIKUさんは「音楽大陸」の取材でも「なんでもやります。NGはないです」とよくおっしゃっていますが、苦手なものってありますか?

うーん……おばけは怖いです。それ以外だとNGはないかな。例えばゲテモノを食べてと言われたら、その姿を見て笑ってくれる人がいるのであれば喜んでやります。それをやって傷付く人がいないなら、なんでもチャレンジしてみるべきだと思っています。

次のページ
また相方とニューヨークに行きたい / 大事に育ててくれた両親への思い

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。