丼を抱えた澤部渡(スカート)。

ねえ、みんな家で何してる? Vol.21 [バックナンバー]

澤部渡(スカート)編

エンタテインメントの灯りを絶やすな

297

外出自粛を余儀なくされる状況で、アーティストたちは何をして過ごしているのか? 音楽ナタリーでは、さまざまなアーティストが家で楽しんでいるマンガや映画、趣味などを写真とテキストで紹介する企画を展開している。今回はスカートの澤部渡に“重要なエンタメ”について力説してもらった。

家で何してる?

とにかくこのひと月、ひたすらradiko premiumでラジオを聴きながらゲーム(あつまれ どうぶつの森 / スプラトゥーン2 / TETRIS 99)をやっています。そして料理もしています。でも今回はカレー・餃子・煮物で縁取られた地獄のルーティーンの話をしたいわけではありません。今回はその地獄のルーティーンにときおり色を差してくれる、インスタントラーメン、とりわけ袋麺の話です。

澤部渡(スカート)特製インスタントラーメン。

澤部渡(スカート)特製インスタントラーメン。


もともと複数の袋麺を常備していた我が家でしたが、自粛生活の果てにそのアムールは爆発しました。インスタントラーメンはその人を映す鏡。その仕上がり具合で今の自分がどういう状態なのかも見えてくるような気がするのです。麺とスープは言うならばキャンバス。そこに卵を割ってもいい、野菜炒めを添えてもいい。なんならキャンバスだけ飾ったって雰囲気は出るのに、ああ、なんてこと! 白米を入れてしまったっていいんだ。洗い物を恐れずに冷蔵庫に余っている野菜と肉を炒めれば達成感まで得られるんだから、ある種のセラピーとも言えるでしょう。私のお気に入りは何周もしてサッポロ一番 塩らーめんです。自粛生活で改めて身にしみるのは食事も重要なエンタテインメントだということです。エンタテインメントの灯りを絶やすな。そう言い聞かせながら今日も私は(ときどきテイクアウトなんかも利用しながら)ガスコンロの前に立つのです。

読者に向けて

状況は刻々と変化していき、それでも先が見えない、ということだけが変わりません。遠い先を見通すための灯りをひとりで探そうとするとどうにもうまくいかないものですが、せめて音楽が足元を照らせるようなものになれば、と願うばかりです。

スカート

スカート

スカート

シンガーソングライター澤部渡によるソロプロジェクト。昭和音楽大学卒業時よりスカート名義での音楽活動を始め、2010年に自主制作による1stアルバム「エス・オー・エス」をリリースした。2017年にポニーキャニオンよりメジャーデビューアルバム「20/20」をリリース。2020年にはCDデビュー10周年を迎え、3月に両A面シングル「駆ける / 標識の影・鉄塔の影」を発表した。

バックナンバー

リンク