映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

第71回カンヌ映画祭授賞式、是枝裕和がパルムドール受賞で「さすがに足が震える」

757

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和。

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和。

フランス現地時間5月19日、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の授賞式が行われた。

審査員団にケイト・ブランシェットクリステン・スチュワートレア・セドゥチャン・チェンらが顔をそろえた本年のカンヌ国際映画祭。最優秀賞にあたるパルムドールは、5度目のコンペティション入りとなった是枝裕和の「万引き家族」に贈られた。

喝采の中ステージに上がった是枝は「さすがに足が震えています」と吐露し、「この場にいられることが本当に幸せです」と喜びをかみしめる。「この映画祭に参加するといつも、映画を作り続けていく勇気をもらいます。そして対立している人と人、隔てられている世界と世界をつなぐ力を映画が持つのではないかという希望を感じます」と続け、「皆さんにいただいた勇気と希望をひと足早く戻ったスタッフとキャストと分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかった2人の監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画を作り、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいです」と熱く語った。日本映画のパルムドール受賞は1997年の今村昌平監督作「うなぎ」以来21年ぶり。またコンペティション部門にて日本映画が受賞するのは、是枝の監督作「そして父になる」以来5年ぶりとなる。

グランプリには、初受賞となるスパイク・リー監督作「BlacKkKlansman(原題)」が選ばれた。同作は白人至上主義の秘密結社・KKKに黒人捜査官が潜入するクライムコメディで、授賞式にはリーとともにキャストのアダム・ドライバーらも出席。リーは「この賞をブルックリンの皆さんに捧げたい」と感謝の気持ちを表現した。

また今回、ジャン=リュック・ゴダールに特別審査員賞が贈られた。新作「The Image Book(英題)」は、人はどのように思考するかという問題に5つのチャプターから迫る物語。ゴダールは現在スイスにいるため映画祭は不参加となったが、審査員長のブランシェットから「映画を前進させる監督です。そして限界をさらに先へと推し進めていく人」と紹介を受け、代理で「The Image Book」のプロデューサーにトロフィーが授与された。

監督賞は「Cold War(英題)」のパヴェウ・パヴリコフスキが受賞。パヴリコフスキは母国ポーランドの好きなところを「ユーモアのセンス、優しさ、世界に開かれていること」と挙げ、「常に開かれた心を持っていようと思っています」と抱負を述べる。男優賞は「Dogman(原題)」で犯罪社会に放り込まれる男を演じたマルチェロ・フォンテ、女優賞は「Ayka(原題)」で不法滞在の移民女性を演じたサマール・イェスリャーモワが受賞する結果となった。

受賞の発表が終わると、会場外のエントランスにスティングとシャギーが登場し「孤独のメッセージ」などの曲を披露する一幕も。審査員や受賞者が勢ぞろいして体を揺らしながら演奏を見守り、授賞式は大団円で幕を閉じた。

なお、ある視点部門ではAli Abbasi監督作「Border(英題)」が、グランプリにあたるある視点賞に。同作は「ぼくのエリ 200歳の少女」の原作者として知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説を映画化した作品である。

第71回カンヌ国際映画祭の主な受賞結果は以下の通り。

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門受賞結果

パルムドール

是枝裕和「万引き家族」(日本)

特別審査員賞

ジャン=リュック・ゴダール「The Image Book」(スイス)

グランプリ

スパイク・リー「BlacKkKlansman」(アメリカ)

監督賞

パヴェウ・パヴリコフスキ「Cold War」(ポーランド、イギリス、フランス)

脚本賞

アリーチェ・ロルヴァケル「Happy As Lazzaro(英題)」(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
ジャファル・パナヒ「Three Faces(英題)」(イラン)

審査員賞

ナディーン・ラバキー「Capernaum(英題)」(レバノン)

女優賞

サマール・イェスリャーモワ「Ayka」(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

男優賞

マルチェロ・フォンテ「Dogman」(イタリア、フランス)

短編部門パルムドール

チャールズ・ウィリアムズ「All These Creatures(原題)」(オーストラリア)

第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門受賞結果

ある視点賞

Ali Abbasi「Border」(スウェーデン、デンマーク)

審査員賞

ジョアン・サラヴィザ、Renee Nader Messora「The Dead and the Others(英題)」(ブラジル、ポルトガル)

監督賞

セルゲイ・ロズニツァ「Donbass(原題)」(ドイツ、ウクライナ、フランス、オランダ、ルーマニア)

脚本賞

Meryem Benm'Barek-Aloisi「Sofia(原題)」(フランス、カタール)

男優賞

Victor Polster「Girl(原題)」(ベルギー、オランダ)

第71回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)

Lukas Dhont「Girl」(ベルギー、オランダ)

※Renee Nader Messoraのeはアキュートアクセント付きが正式表記
※Meryem Benm'Barek-Aloisiのiはウムラウト付きが正式表記

映画ナタリーをフォロー