是枝裕和

是枝裕和

コレエダヒロカズ

1962年6月6日生まれ、東京都出身。早稲田大学卒業後、テレビ番組制作会社テレビマンユニオンに参加し、主にドキュメンタリー番組の演出を手がける。1995年に「幻の光」で映画監督デビュー。2004年の監督作「誰も知らない」では、主演を務めた柳楽優弥がカンヌ国際映画祭の男優賞を受賞した。2013年には「そして父になる」でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得。2014年、テレビマンユニオンから独立して西川美和、砂田麻美らと制作者集団「分福」を立ち上げる。2018年に「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。2019年、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークをキャストに迎えた日仏合作映画「真実」が公開された。そのほかの監督作に映画「歩いても 歩いても」「海街diary」「三度目の殺人」、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」「有村架純の撮休」などがある。

リンク

情報提供:ぴあ

関連する画像