映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アカデミー賞候補作、冷戦下の恋人たちをモノクロで捉えた「COLD WAR」特報

102

第91回アカデミー賞の監督賞、撮影賞、外国語映画賞にノミネートされている「COLD WAR あの歌、2つの心」より、ティザーポスタービジュアルと特報が到着した。

「イーダ」のパヴェウ・パヴリコフスキが監督を務めた本作は、冷戦下のポーランドで出会った歌手志望の女性・ズーラとピアニスト・ヴィクトルの愛を描くラブストーリー。ズーラをヨアンナ・クーリグ、ヴィクトルをトマシュ・コットが演じた。第71回カンヌ国際映画祭では監督賞を獲得している。

映像は、ズーラが「Dwa serduzka(ドゥヴァセルドゥシカ)」を歌うシーンからスタート。その後、楽曲に乗せベルリン、ユーゴスラビア、パリなどさまざまな場所で別れと再会を繰り返す2人の姿がモノクロ映像で映し出される。同曲は、ポーランドの伝統音楽と舞踏を継承する実在の楽団・マゾフシェのスタンダードナンバーであり、パヴリコフスキの「この楽団の音楽の変遷自体が当時のポーランド社会で何が起こっていたのかを示す重要な存在になる」という考えのもと、本作のためにジャズアレンジされた。

「COLD WAR あの歌、2つの心」は6月28日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

(c)OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions / ARTE France Cinema / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Lodz / Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Swiat / Wojewodzki Dom Kultury w Rzeszowie

映画ナタリーをフォロー