映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゴダールがヌーヴェルヴァーグや最新作「イメージの本」語る「この映画の中心は愛」

179

「イメージの本」

「イメージの本」

最新作「イメージの本」が4月20日より日本公開されるジャン=リュック・ゴダールのロングインタビューが、フランス現地時間4月15日にラジオ放送された。

「イメージの本」は、世界に対するゴダールの怒りが絵画・映画・文章・音楽によって表現された5章からなる物語。ナレーションはゴダール本人が担当している。

フランスのラジオ局フランス・キュルチュールの番組「ラ・グランド・ターブル」内で放送されたインタビューは、ゴダールの自宅で収録されたもの。ゴダールは次回作の仮タイトルを「シナリオ」だと明かし、「作者は脚本家であるべきだ。テクストが重要視されるべきで、例えば『勝手にしやがれ』の“作者”は私じゃない。トリュフォーなんだよ」と語る。そして、ヌーヴェルヴァーグについては「フランス人はフランスに注目が集まらないと悲しむが、ヌーヴェルヴァーグは違った。3、4人の少年が、家でも学校でも教えてもらえなかった大陸があると発見したのが始まりだ」と回想した。

また、「写真をたくさん撮っていた母から映像(イマージュ)を教わった」と自身のルーツについてコメント。「母は写真が上手で、子供たちみんなの写真を撮っていて、それぞれがアルバムを持っていた。私のアルバムは無くしてしまったけれど、私が写っている写真も何枚か『イメージの本』の中で使っている」と話した。

ゴダールは「イメージの本」において「私たちに未来を指し示すのは“アーカイブ”である」という言葉を残し、自身を「考古学者」と位置付けている。インタビューでは「考古学者は記録保管者(アーキビスト)より崇高だ。アーキビストは分類するが、考古学者は歴史を彫る。彫刻家はシナリオを持たずに大理石と対峙し、それから“見る”んだ」と自身の見解を述べ、「DVDがなくなるのは残念だよ。だんだん作られなくなって、Amazonで買うのも難しくなるだろう。映画の歴史もそこで終わる。配信ばかりになるだろう……今まで私がやってきた考古学的なアプローチはできなくなるんだ」と嘆いた。さらに、「言い争いは好きだが、戦争は嫌だね。もし墓を作るなら……絶対に作らないけど、作るなら、私の墓には『その反対に』、(パートナーである)アンヌ=マリー(・ミエヴィル)の墓には『疑わしい』と入れたい」とユーモアをのぞかせた。

最後には「5つの章、5つの指、5つの大陸からなる最新作『イメージの本』、その中心の“地域”は?」という質問が。ゴダールは「この映画の中心は、“愛”だよ」と答えてインタビューを締めくくった。

「イメージの本」は東京・シネスイッチ銀座ほか全国でロードショー。

(c)Casa Azul Films - Ecran Noir Productions - 2018

映画ナタリーをフォロー