音楽ナタリー

宍戸留美、ニューアルバムで熟れた「女」の魅力歌う

246

宍戸留美がニューアルバム「女」を5月9日にリリースする。

本作のテーマは「熟しかけた女の讃歌」。16歳でアイドルとしてデビューし現在38歳の彼女が、自分の性に正面から向き合い制作した意欲作だ。

アルバムには、三宅伸治が作詞作曲を手がけた「愛のシェルター」など、バラエティに富んだ計8曲を収録。前作「CHERBOURG→BRIGHTON」でもプロデューサーを務めた鴫原浩平に加え、演奏にHARCO、アレンジ、プロデュースで高橋 "Jr." 知治など豪華な布陣が参加し、彼女の歌をそれぞれの個性でサポートする。

なお、彼女はデビュー22周年イベントを東京・下北沢440で5月23日に開催する。詳細は追って発表されるので、ファンは続報をお楽しみに。

宍戸留美「女」収録曲

01. 愛のシェルター
02. TAWAGOTO (Album Mix)
03. 昼下がりのうた
04. セクシィ(下田逸郎のカバー)
05. 星空ハイネス
06. 最後の電話
07. 月影の果実
08. ハマナスの記憶

音楽ナタリーをフォロー