音楽ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

モーニング娘。新メンは3+1人!ハロプロ2011年幕開け

217

ハロー!プロジェクト恒例の新年コンサート「Hello! Project 2011 WINTER ~歓迎新鮮まつり~」が、本日1月2日に東京・中野サンプラザにて幕を開けた。

本日より1月23日まで、中野サンプラザ、中京大学文化市民会館オーロラホール、神戸国際会館こくさいホールの3会場で実施される今年のハロプロ正月公演。その初日となった本日は、モーニング娘。の第9期メンバーがついに発表されるとあって、会場内はスタート前から熱気に包まれていた。

開演に先駆け、オープニングアクトとして一番最初にステージに立ったのは、ユニット「Milky Way」でも活躍していた吉川友。彼女は2010年でハロプロエッグとしての研修過程を修了。さっそくソロ楽曲「さよなら涙」を披露してこれからの活躍をアピールした。本格始動にあわせてモバイルサイト「吉川友 応援サイト」がオープンしているので、気になる人はさっそくチェックしておこう。

公演本編のオープニングは、この日の出演メンバー総出演による「3, 2, 1 BREAKIN' OUT!」でにぎやかにスタート。モーニング娘。、Berryz工房℃-ute真野恵里菜、スマイレージ、ハロプロエッグがステージ上にずらりと揃うと、会場にはメンバーの名前を叫ぶファンの声援が飛び交う。MCのまこと(シャ乱Q)と吉澤ひとみによる新年の挨拶に続き、スマイレージ、真野恵里菜、℃-ute、Berryz工房がそれぞれ今後リリースされる新曲を連発。そしてモーニング娘。は現行メンバーのみのステージとしては実質最初で最後となるパフォーマンスに「女と男のララバイゲーム」を選んだ。

一旦ステージが暗転すると、ここでプロデューサーつんく♂が登場。第9期メンバーの発表が行われた。新メンバーについては、会場のファンはもちろんのこと、モーニング娘。の5人にもこの段階では明かされておらず、ここで初めて顔を合わせることに。メンバーもそわそわした様子で発表を待つ中、つんく♂が「第9期モーニング娘。メンバー、出てこいやー!」と叫ぶと、1階客席の通路から3人の女の子がステージに向かって歩いてきた。気になる新メンバーは、オーディションを勝ち抜いてきた鞘師里保(さやしりほ/12歳)、生田衣梨奈(いくたえりな/13歳)、鈴木香音(すずきかのん/12歳)の3人。

それぞれコメントを求められると、鞘師は「最終的にリーダーポジションにもなれるようがんばります」といきなり堂々とした発言で観客を驚かせ、続く生田は「同じ福岡出身の田中れいなさんを目標にしたい」、鈴木は「なるべく早いタイミングでセンターポジションが取れるように」とそれぞれ抱負を語った。

さらに、ここでつんく♂が突然「……実は(8人が揃った)メンバー表を見ていてなんかしっくりこないなと思いまして。僕には理想のモーニング娘。のかたちがありまして、どうしてもそれに近づけたい。あと1名、参加させたいメンバーを決心しました。エッグの中から……本人まだ全然知りません。なぜならば今僕は初めてしゃべってるから(笑)。発表します。うらみっこなしです。譜久村!」と、譜久村聖(ふくむらみずき)の名を告げた。

ざわめく会場の中で、誰よりも唖然とした表情の譜久村は、 目に涙を浮かべながら「モーニング娘。に入れてうれしいです」とコメント。これにより、2011年のモーニング娘。は9人で動き出すこととなった。

コンサートはこの後、シャッフルユニットのコーナーへ。「GET UP! ラッパー(オリジナル:SALT5)」「DON'T STOP 恋愛中(オリジナル:T&Cボンバー)」などの懐かしいナンバーも数多く披露された。

後半もBerryz工房と℃-uteのコラボレーションによる「青春ソング」や、Berryz、℃-ute、真野、スマイレージの「Danceでバコーン!~雄叫びボーイ WAO! メドレー」と正月ならではの豪華共演が相次いだ。最後は出演者全員で「青空がいつまでも続くような未来であれ」を熱唱し、大盛り上がりのまま初日のステージは終了。2011年のスタートを最高の笑顔でしめくくった。

「Hello! Project 2011 WINTER ~歓迎新鮮まつり~」は「Aがなライブ」「Bっくりライブ」の2種類・計4パターンのセットが用意されている。今後の公演スケジュールはハロー!プロジェクトのオフィシャルサイトで確認を。

音楽ナタリーをフォロー