音楽ナタリー

「捨てられないフライヤー展」に関西著名人が多数資料提供

277

ライブハウスでもらったまま捨てられずにたまっているフライヤーを展示する、入場無料の展覧会「捨てられないフライヤー展」が、8月24日から9月5日にかけて大阪・アメリカ村のギャラリーパライソで開催される。

「捨てられないフライヤー展」は、関西のライブ情報サイト「おとうた通信」の吉田雅生が、Twitterで「昔のライブのフライヤー取っとく人ってけっこういるのかな。ウチは段ボール2.3箱あるんだけど、そういう人を何人か集めて、厳選したフライヤーを(勝手に)展示する企画ってどうでしょう」とツイートしたことをきっかけに企画された展示会。これにいち早く反応した人々が参加を表明し、さらに多くのフライヤーを所有していそうな人々が協力したことで、開催の運びとなった。

展示されるフライヤーは、古くは70年代のものから2000年代のものまで幅広く用意される模様。難波ベアーズ、アルケミーレコード、ギューンカセット、新世界BRIDGEなどの貴重な資料が取り揃えられ、フライヤーを通じて参加者個人の音楽史が浮かび上がる。

捨てられないフライヤー展

2010年8月24日(火)~9月5日(日) 大阪府 ギャラリーパライソ
(※8月30日は休廊)
<参加者(50音順)>
青野忠彦(宮武BONES)、石井モタコ(オシリペンペンズ)、石橋正二郎(F.M.N.SoundFactory)、金本武志(蒼月書房)、倉本高弘(月刊かえる)、ジェーン・ブーキン、JOJO広重(アルケミーレコード)、杉本喜則(HOP KEN)、鈴木裕之、須原敬三(ギューンカセット)、竹内厚(Re:S)、DJ威力、DJなかぐち、なお(ゆるゆるにきつい日)、ナンバマン(BRODY)、西村明(酒游舘 / 関西パンク史家)、BIOMAN(neco眠る)、マコ(セロテープス / 夏のあくびクルー)、道下慎介(難波ベアーズ)、森雄大(neco眠る)、吉田雅生(おとうた通信)

音楽ナタリーをフォロー