音楽ナタリー

板野友美&河西智美“晴れ女”コンビが晴海でPV撮影

11

3月31日にリリースされる板野友美と河西智美のコラボシングル「Love ♡ Wars」のビデオクリップ収録が、本日1月26日に晴海客船ターミナルにて行われた。

「Love ♡ Wars」はテレビ朝日系「仮面ライダーW」の挿入歌。作品中に登場する女子高生の情報屋、クイーンとエリザベスをそれぞれ板野と河西が演じており、今回のシングルも「クイーン&エリザベス」名義でリリースされる。

撮影はターミナル前の海沿いで実施。バックダンサーを従えた板野と河西は、青空の下で元気なパフォーマンスを繰り広げた。撮影中、取材に応じた2人は「仮面ライダーW」や楽曲に対する思いをそれぞれ語った。

好天に恵まれたこの日の撮影について河西は「久しぶりにこんなにキレイな青空を見られてうれしかったです。こんな日に撮影できるなんてツイてるなー、って思いました」とコメント。また、板野は「私たちが2人で遊びに行くと必ず晴れるんですよ! 本当に晴れ女だな、って実感しました」と笑顔で話した。

作品中でのクイーンとエリザベス、それぞれの役柄に関しては、河西が「エリザベスはすごくぶっ飛んでるキャラクターなので、最初は『うわあ、どうしよう!』って思ってたんですけど、このぐらいのキャラのほうがやってて楽しいなと思うようになりました」と発言。板野は「クイーンはクールな印象だけどエリザベスはすごくテンションが高いんで(笑)、私も最初はどうすればいいのかな?って思ってました。でも、役作りしなくても自然にできたと思います」と語った。

ビデオクリップの見どころを尋ねられると、板野は「景色がすごくキレイなビデオクリップで、夜景のシーンもあるんです。普段の私たちとは違った役柄なので、そこを見てほしいですね」と説明。一方の河西は「ダンスにすごく力を入れていて、ムーンウォークも入っているんでわたしたちいっぱいいっぱいなんですよ!(笑) でも普段とは雰囲気が違った振り付けで、セクシーな感じになってるので、ぜひ楽しみにしていてください」と楽しそうに話した。

音楽ナタリーをフォロー