音楽ナタリー

YOSHIKIが頸椎の緊急手術へ、7月のアリーナツアー開催は協議中

1417

YOSHIKI(X JAPAN)が頸椎椎間板ヘルニアのため、5月16日(現地時間)に頸椎人工椎間板置換の緊急手術をアメリカ・ロサンゼルスで受けることを発表した。

YOSHIKIは2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症の診断を受け、頸椎椎弓切除および頸椎椎間孔切除の手術を受けていた。しかし約半年前から手や腕の麻痺やしびれなどの症状が悪化し、精密検査の結果として左腕の神経根障害と頸椎椎間板ヘルニアが発覚。YOSHIKIはレコーディングに入っていたものの「このままではアーティストとして再起不能になる」という担当医師の診断により、手術を受けることとなった。

今回の手術に伴い、5月に予定されていたスケジュールはキャンセルが決定。7月に大阪と横浜で開催予定のX JAPANのツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」日本公演、および8月から9月に開催予定のディナーショーなどについてはアメリカのエージェントおよびプロモーターと協議中で、対応が決定次第発表される。YOSHIKIは自身のTwitterアカウントにて、ファンに対して「No matter what happens to my life..I'll be back. 必ず戻ってくるからね..」とコメントを送っている。

音楽ナタリーをフォロー