音楽ナタリー

小松未可子ツーマン企画第2弾、fhanaと一緒に新曲&あのダンスを生披露

403

「Humming Maps vol.2」の様子。(撮影:森久)

「Humming Maps vol.2」の様子。(撮影:森久)

小松未可子が企画するライブイベント「Humming Maps」の第2弾が、4月16日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された。

「Humming Maps」は小松が共演したいアーティストを迎えて行うツーマンライブ企画。今回はfhanaをゲストに迎え、2組のコラボレーションを含む盛りだくさんのステージが展開された。

先攻を務めたfhanaは、メランコリックな四つ打ちナンバー「Relief」でざわめく満員のフロアを一気に幻想的なムードに染め上げる。続く「虹を編めたら」ではキーボードを演奏する佐藤純一もマイクを取り、towanaとのツインボーカル体制に。kevin mitsunagaはサンプラーやグロッケンを駆使し、yuxuki wagaと佐藤のツインギターによるソリッドな「little secret magic」、性急な8ビートの「現在地」とfhanaは曲ごとに表情を変える演奏で観客を惹き付けた。

「みんな熱いね! 気温もそうだけど……エモい!」とtowanaはフロアの熱気に驚いた様子を見せ、yuxukiも「みかこ市民(小松未可子ファンの総称)、熱いわ」と大興奮。kevinは現在放送中のテレビアニメ「有頂天家族2」について触れ、「fhanaのデビューは『有頂天家族』1期のエンディングテーマ『ケセラセラ』でした。原作の続編が出たときは即予約して『次も来るぞ』と予習してたんです(笑)。アニメ化まだかなと待っていたので、本当にエンディングテーマをやることになって超うれしい!」というエピソードから、fhanaは「有頂天家族2」のエンディングテーマに採用された新曲「ムーンリバー」を披露した。

「ムーンリバー」「calling」とじっくり聴かせる2曲のあとは、「私たちと踊ってくれますか?」というtowanaの呼びかけから、メンバー4人のキャッチーなダンスが話題を呼びミュージックビデオのYouTube再生回数が730万回を超えた「青空のラプソディ」へ。キラーチューンの投入でフロアを熱気をさらに引き上げると、fhanaは「ワンダーステラ」でさわやかに小松へとバトンをつないだ。

幕間には小松がパーソナリティを務めるラジオ風番組「Humming Maps Radio」が流れ、小松とfhanaによる和気あいあいとしたトークが繰り広げられた。セットチェンジが整うと、小松はバンドメンバーの黒須克彦(B / Q-MHz)、鈴木浩之(Dr / U&DESIGN、GOLIATH、QUADRANGLE)、今井隼(Key)、新井弘毅(G)と共にステージへ。1曲目「Latimer Road」のイントロから息の合った手拍子で場内は一体となった。3曲を一気に歌った小松は「改めまして、小松未可子です。『Humming Maps vol.2』最後まで楽しんでいってください!」と簡単に挨拶すると、さらに「エメラルドの丘を越えて」「だから返事はいらない」「ロッカー」と新旧織り交ぜた楽曲を次々と畳みかけていく。

バンドメンバーの黒須、新井、鈴木は昨年11月に行われた小松のバースデーライブ「ハピこし!ライブ2016 "Imagine day, Imagine life!"」より継続して小松のサポートを務めているが、今井は今回が初めて。小松の「新しく参加してくれたフレンズです」という紹介を受け、今井はピアノソロを披露。そのまま新曲「Catch me if you JAZZ」へとなだれ込んだ。この曲は5月10日に発売される小松のニューアルバム「Blooming Maps」に収録される新曲で、小松は続けてアルバムから、高速8ビートナンバー「HEARTRAIL」を初披露した。続く「エンジェルナンバー」ではシンガロングで盛り上がり、ラストは昨年9月にリリースされたTOY'S FACTORY移籍第1弾シングル「Imagine day, Imagine life!」。小松はステージ上を所狭しと駆け回り、最後は元気にジャンプしてフィニッシュを迎えた。

アンコールには小松とfhanaがそろって登場し、2組の出会いのきっかけとなったテレビアニメ「天体のメソッド」のエンディングテーマ「星屑のインターリュード」でコラボレーション。「天体のメソッド」は小松が声優として主要キャラクターの1人・戸川汐音を演じていた。放送から約2年半を経てのコラボ実現にfhanaのメンバーは大喜び。小松はアンコール入場時に4人と一緒に「青空のラプソディ」のダンスを踊れたことを喜んだ。そして小松は「私事なんですが」とライブ前日に明かされたニューアルバム「Blooming Maps」の全曲クレジットについて触れ、「中に1曲だけクレジットが『???』になってる曲がありましたけど……あれ誰なんですかね? 『?』が3つあったということはカタカナにすれば……?」と思わせぶりに語ると、fhanaの全員が参加した新曲「My sky Red sky」を初披露。2組はさらにもう1曲、小松のナンバー「MAGIC RADIO」を一緒に歌い、にぎやかにステージを終えた。

fhanaは現在、ライブツアー「Looking for the World Atlas Tour 2017」を開催中。小松はニューアルバムを携えての全国ツアー「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」の開催を夏に控えている。小松は「『Blooming Maps』、略して『ブルマ』を引っさげてのライブツアー、ぜひ遊びに来てください。そしてツアーが終わったあと、年内かな、来年かな……また『Humming Maps』ができたらいいなと思っております。また新たな地図になるような、新たな旅になるようなツーマンライブができたらいいなと思っていますので、ぜひご期待ください」と「Humming Maps vol.3」の開催に意欲を見せた。

小松のニューアルバム「Blooming Maps」にはfhanaとのコラボ楽曲「My sky Red sky」を含む12曲を収録。演奏やアレンジにはQ-MHzのメンバーを中心に、広川恵一(MONACA)、神前暁(MONACA)、三澤勝洸(パスピエ)、成田ハネダ(パスピエ)、ナガイケジョー(SCOOBIE DO)、やしきん、室屋光一郎(Crustacea)ら多彩なアーティストが参加している。

※fhanaのhとnの間のaはアキュートアクセント付きが正式表記。

「Humming Maps vol.2」2017年4月16日 渋谷duo MUSIC EXCHANGE セットリスト

fhana

01. Relief
02. 虹を編めたら
03. little secret magic
04. 現在地
05. ムーンリバー
06. calling
07. 青空のラプソディ
08. ワンダーステラ

小松未可子

01. Latimer road
02. 純真エチュード
03. Infinity Sky
04. エメラルドの丘を越えて
05. だから返事はいらない
06. ロッカー
07. Catch me if you JAZZ
08. HEARTRAIL
09. エンジェルナンバー
10. Imagine day, Imagine life!
<アンコール>
11. 星屑のインターリュード / fhana×小松未可子
12. My sky Red sky / 小松未可子×fhana
13. MAGIC RADIO / 小松未可子×fhana

fhana「Looking for the World Atlas Tour 2017」(※終了分は割愛)

2017年4月28日(金)福岡県 DRUM Be-1
2017年5月6日(土)大阪府 なんばHatch
2017年5月12日(金)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

小松未可子TOUR 2017 “Blooming Maps”

2017年7月22日(土)東京都 TSUTAYA O-EAST
2017年7月29日(土)愛知県 SPADE BOX
2017年8月6日(日)大阪府 Music Club JANUS

音楽ナタリーをフォロー