音楽ナタリー

AKB48、主演オムニバス映画「9つの窓」を公開初日にアピール

197

「9つの窓」全国公開初日舞台挨拶の様子。

「9つの窓」全国公開初日舞台挨拶の様子。

オムニバス映画「9つの窓」が昨日2月6日より全国公開。これを記念して昨日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて初日舞台挨拶が行われた。

「9つの窓」は、ショートショート フィルムフェスティバル&アジアとAKB48グループのコラボ企画「AKB ShortShorts」のもと製作されたショートストーリー9作品からなるオムニバス。AKB48グループのメンバーが主演を務め、ファンタジーやコメディなどバラエティ豊かな物語が展開する。

昨日の舞台挨拶にはAKB48から横山由依、入山杏奈、木崎ゆりあ、中西智代梨、茂木忍、共演者の相島一之、松山優太、大沼遼平、杉浦大介、谷内里早の計10名が登壇。公開初日を迎えたことについて横山が「秋葉原AKB劇場公演もまもなく初日、そして今日と初日続きはうれしい。皆さん、ありがとうございます」と感謝を述べると、入山が「普段はステージを観てもらっていますが、映画はスクリーンの中の私を観てもらう。ちょっと違った感じで不思議ですがうれしいです」と喜びを語る。また茂木も「ドラマにはちょい役で出演したことはありますが、今日は私にとって主演女優デビューの日になりました」とコメントした。

ひさしぶりの再会となったAKB48メンバーと共演陣。入山主演作の「先客あり」に出演した松山は「入山さんは眼力がすごいんです。吸い込まれる感じ。入山さんの美しさが起こした事件、そのあたりを楽しんでほしい」と見どころを紹介する。また木崎が自身の出演作「candy」について「男勝りな性格の私が大沼さんと“にゃんにゃん”してます。嫉妬しないでください」とアピールすると、共演した大沼が「ファンの方に怒られるので、僕の役目線で追体験してもらえれば」とフォローを入れた。

最後に共演者代表として相島が「『9つの窓』がヒットするかは、観に来てくださる皆さん次第。いろんなところでつぶやいてください」とアピール。続けてAKB48グループ代表として横山が「AKBも新しい時代に入ります。皆さん。また力を貸してください!」と呼びかけ、舞台挨拶を締めくくった。

9つの窓

「お電話ありがとうございます」
監督:名倉愛 / 出演:北原里英(NGT48)、坪内守、相島一之

「赤い糸」
監督:曽根剛 / 出演:茂木忍(AKB48)、谷内里早、菊地燎、瑠衣夏、工藤美桜、杉浦大介

「回想電車」
監督:比呂啓 / 出演:宮澤佐江(SNH48 / SKE48)、美山加恋、小池亮介、長谷川初範

「さおり」
監督:廣瀬陽 / 出演:中西智代梨(AKB48)、秦瑞穂、中村龍介

「漁船の光」
監督:廣瀬陽 / 出演:横山由依(AKB48)、大野拓朗、北村岳子、松田祥一、小坂温子

「candy」
監督:名倉愛 / 出演:木崎ゆりあ(AKB48)、大沼遼平

「レミューテック」
監督:中村公彦 / 出演:江籠裕奈(SKE48)、中田美優、武藤愛莉、加藤未和、川連廣明

「先客あり」
監督:小川和也 / 出演:入山杏奈(AKB48)、松山優太、波岡一喜

「Dark Lake」
監督:中村公彦 / 出演:兒玉遥(HKT48 / AKB48)、中川真桜、木野山ゆう、仲原舞、和田清香

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】