音楽ナタリー

超特急、ローソン制服&カツラ姿で1日店長に挑戦

1055

東京・ローソン ゲートシティー大崎店にて1日店長を務めた超特急。

東京・ローソン ゲートシティー大崎店にて1日店長を務めた超特急。

超特急が本日11月30日、東京・ローソン ゲートシティー大崎店にて同店舗の1日店長を務めた。

店頭で無料配布される「月刊HMV」11月号で表紙を飾るなど、全国のローソンにて大きく広告展開されていた超特急。今回7人はローソングループより1日店長に任命され、最新シングル「Star Gear」のアーティスト写真で装着していたカツラにローソンの制服という姿で接客業を体験した。

店に入ると彼らはまず弁当や菓子などの陳列に挑戦。実際の店員にアドバイスをもらいながら「いらっしゃいませー!」と大きな声を出して業務に勤しむ。レジ裏に回ってからは、一般客を相手に商品を袋に詰める作業を実施。手の空いたメンバーは積極的に声を出してホットスナックの宣伝をするなど、意欲的な姿勢をうかがわせていた。

終了後に行われた囲み取材では、コーイチは「初めてのことで最初は何をしたらいいのかイマイチわからなかったんですけど、すごくいい体験になりました。レジの対応が一番楽しかった」、カイは「バイト経験が初めてなので昨日妹にレジの打ち方を教わってきました(笑)。カツラをかぶるときはアンドロイドって設定なので、お手伝いロボット的な気持ちでやらせていただきました」、リョウガは「自分がカツラを装着しているのを忘れるくらい大変でした。でも僕たちがやったのはほんとに一部なので、全国のコンビニ店員の方はすごく大変なんだなって。僕、いつもコンビニ行ったとき最後に『ありがとうございます』って言ってるんですけど、これからはもっと心を込めて言おうと思います」、タクヤは「ローソンさんにはほんと昔からお世話になってるので、真心を込めてやらせていただきました。陳列ではA型の血が騒ぎましたね。すでにキレイだったんですけど、奥のほうはきっとグチャグチャだろうと思って、奥から並べていきました」とそれぞれ感想をコメントする。

またユーキは「陳列ではライトアップされてる商品たちをどうキレイに見せるか、角度にこだわりました。あとはユースケがお弁当を並べるとき、ずっと『食べたい』とか『ああーおいしそー!』って言ってたのが面白かったです(笑)」、ユースケは「ドリンクコーナーでは商品名が見えるように整えました! あとローソンの店員としておすすめ商品を紹介したいなと思って、自分の好きな肉まんをいっぱいアピールしました(笑)」、タカシは「前に傾いてたりするドレッシングを、キレイにそろえてからちょっと後ろ斜めに倒すっていう作業をずっとしてました。レジの中に入ったときは、想像してたのと全然違ってさらに緊張感が増して。ライブの舞台に立ってるみたいで、『さあ今から本番や、始めるで!』っていう気持ちになりました」と業務時間を振り返った。

※音楽ナタリー PowerPush 公開中!
超特急「RING」インタビュー - 音楽ナタリー Power Push

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】