音楽ナタリー

でんぱ組、修造らと早朝iPhoneイベント登場

594

KDDIデザイニングスタジオで行われたiPhone 6、iPhone 6 Plus発売イベントの様子。

KDDIデザイニングスタジオで行われたiPhone 6、iPhone 6 Plus発売イベントの様子。

本日9月19日に東京・KDDIデザイニングスタジオにてiPhone 6、iPhone 6 Plusの発売イベントが開催された。

このイベントはiPhone 6およびiPhone 6 Plusの発売開始にあわせて実施されたもので、KDDI株式会社代表取締役社長の田中孝司、auのCMキャラクターを務める松岡修造、福士蒼汰、「au特命宣伝部長」に就任したでんぱ組.incが登場。発売開始時刻前には、購入希望者が見守る中で販売開始を告げるカウントダウンが行われ、新機種発売を盛り上げた。

まずはじめに田中社長の挨拶とプレゼンからスタートしたこの日のイベント。その後MCを務めたやまだひさしの音頭から、松岡と福士がステージに招かれる。2人がiPhone 6とiPhone 6 Plusの盛り上げていきたいと意気込みを語ったのち、「ちゅるりちゅるりら」をBGMにでんぱ組.incもステージに登場した。でんぱ組は「au特命宣伝部長」としてニコニコ生放送でライブや限定動画を配信したり、地方のauショップに足を運んでサインを書いたりと、さまざまなPR活動を行ったことを報告。さらに楽屋の中でもメンバー同士がLINEを使って会話をするほど携帯電話が大好きであるといったことも付け加えた。カウントダウン前には国内4カ所のauショップとの中継画面が後方スクリーンに映し出され、auのCMに出演している杉咲花が大阪のauショップの様子をレポート。福士は緊張した面持ちの杉咲に向かって「花ちゃん、緊張してる? 一緒にカウントダウンがんばりましょう!」とエールを送った。

発売まであと数分というタイミングで、長時間列に並んでいたiPhone購入希望者がステージに招き入れられる。ここでは松岡が「2番目の人も来いよ! せっかく2番取ったんだから!」と熱く語る一幕も見られた。販売開始時間になった後、田中社長が購入列に並んでいた1番手と2番手に直々にiPhoneを手渡す。その後、松岡、福士、相沢梨紗が参列者に配られたTシャツにサインを書き込んだ。購入者へのインタビューでは、その熱いiPhone愛に、松岡、福士、でんぱ組は驚きの表情を浮かべていた。

その後、回線スピードの速さや「キャリアアグリゲーション」をボディランゲージで表現するコーナーに移る。最上もがが「メンバーの中で一番俊敏な動きをする、えいたそ(成瀬瑛美)ちゃんがいいと思います」と振ると、成瀬は「できるかなあ?」と不安な表情を見せる。すると松岡が「そんな気持ちでできるか!」と喝を入れ、成瀬は「できます!」とステージ前方に立ち、体を大きく動かして「au最高! 速いよ大好き! ほぁあああ!」と叫んで自分なりに回線の速さをアピールした。アピールタイムは続き、松岡はおもむろにラケットを持ち出し、男子プロテニス選手の錦織圭の話題を引き合いに出しながらフォアハンド、バックハンドの素振りを、夢眠ねむはスケッチブックに藤咲彩音のイラストをその場で描いて会場を沸かせた。イラストの藤咲が両手に持っているのは、社長から配られたauの新料金「カケホとデジラ」を表現したキャラクター・デジラのクリームパンとあんパン。それについて夢眠は「ピンキーは足が速いんです。クリームとあん、頭文字は"C"と"A"、つまり『キャリアアグリゲーション』でさらに速くなったことを表現してみました」と説明した。

イベントの最後、松岡は「auショップ店長役として、1人ひとりがauであり、KDDIだと思ってる。人と人とをつなぐことが笑顔になるのでこれからもがんばりたい」、福士は「今日はこんなに楽しくなるとは思わなかった。au愛がさらに上昇しました」とコメント。でんぱ組代表として古川未鈴は9月19日が自身の誕生日であることを話してから「こんな素敵なイベントで迎えられてうれしいです、ありがとうございます」と述べた。田中社長は「auはキャリアアグリゲーション、WiMAX 2+、全部入りということでよろしくお願いいたします」とメッセージを送ってイベントを締めくくった。

なおイベント開始前に田中社長が1人で登壇し、アメリカでアップルCEOのティム・クックにもらったサインを報道陣に見せる一幕も見られた。田中社長は日本国内でiPhoneを取り扱っている3社の携帯キャリアがある中で、ネットワーク品質が大切なポイントになることを言及。auは2.1GHzと800MHzという2つの周波数を同時に利用できる「キャリアアグリゲーション」、高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」を導入していることを解説し、自社ネットワークの品質についてアピールした。

※記事初出時、写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】