音楽ナタリー

初恋、メレンゲ、ひめキュン、石鹸屋らBLITZで個性派競演

105

12月15日に東京・赤坂BLITZにて2部構成によるライブイベント「DECEMBER'S CHILDREN」が開催され、計9組が熱いパフォーマンスを繰り広げた。

■昼の部

トップバッターとして登場したのはひめキュンフルーツ缶。彼女たちは「キミノミライ」からライブの口火を切り、開始早々キレのあるパフォーマンスを見せつける。その勢いを保ったまま新曲「モラトリアム」やライブの定番曲「ストロベリーKISS」などを連発。谷尾桜子が「赤坂BLITZ盛り上がっていけますか!」と観客を煽り、会場の熱気をさらに高めた。彼女たちはその後もパワフルなステージを展開し、ラストは「キラーチューン」でフィニッシュ。メンバーは笑顔でステージを去り、イベントの幕開けを華やかに彩った。

続くコンテンポラリーな生活は1曲目に「死なない声を探す」を披露。朝日廉(Vo, G)と藤田彩(B)が紡ぐさわやかなハーモニーと、酒井俊介(Dr)が奏でる疾走感あふれるビートで観客を高揚させた。そして朝日の「いっせーのーで!」という合図に続けて観客が「東京殺法!」と曲名をコールすると、メンバーは同曲をテンション高く奏でた。その後も彼らは曲中で観客とのコール&レスポンスを行って、会場に一体感を生み出していく。そしてラストは「ひとえの少女」を届け、大きな拍手の中で出番を終えた。

3番手のHAPPY BIRTHDAYのライブはあっこ(Dr)による「ただいまより、HAPPY BIRTHDAYとその仲間たちによる『スペシャルミラクルブスショー』を始めます!」というナレーションから幕を開ける。ステージにはきさ(Vo, G)とあっこに加え、劇団ロ字ックの川原真衣と日高ボブ美も登場。彼女たちのステージは曲間にコミカルな芝居を挟みつつ進められた。ライブ後半に彼女たちは「そう、俺は確かにブスだ」といった自嘲フレーズがたっぷり含まれたオリジナルのラップを披露。そしてお互いに「ブス・ゴリラ・バカ」と罵り合う過激な芝居に続き、きさが「どんな私たちでもきっと、心を輝かせることができる! 最後の曲です!」と高らかに叫ぶ。最後に彼女たちはアッパーなサウンドにあわせて「ブス」と連呼するナンバー「ダイヤモンドブス」でライブを締めくくった。

石鹸屋のライブはシリアスなロックチューン「ヒューマニズム ノイズ」からスタート。厚志(Vo)が体から振り絞るようなシャウトを響かせると、観客は拳を突き上げて彼の絶叫に応えた。ライブ中盤のMCで厚志が「今日はせっかくなんで最新アルバム『ヒュー』にも入ってない未発表の新曲をやります!」と宣言し、バンドは新曲「ようこそテアトロへ」を観客にプレゼント。その後も彼らは「ハイブリッドバディ」「レモン」とアグレッシブなナンバーを畳み掛け、フロアを大きく盛り上げた。

5番手で登場したのはシシド・カフカ。ステージに現れた彼女は、「PRETZ」のCMソングとしても使用されている「Hunger×Anger」でサウンドチェックを行い、「さあ始まりましたよ、シシド・カフカのライブが! 最後まで楽しんでいきましょう!」とドラムチェアから立ち上がって会場を盛り上げる。そしてロングヘアを振り乱しながら「100年ビール」を叩き歌うなど、冒頭からワイルドなステージを展開。その後「ラヴコリーダ」「負けないゲーム」を届け、息を切らすほどの全力パフォーマンスで観客の視線を釘付けにした。彼女は「今年はCDもたくさん出したし、初めての方にたくさんライブを見てもらえたし、本当にうれしい1年でした」とこの1年を振り返り、ラストナンバーとしてドライブ感たっぷりのロックチューン「キケンなふたり」を披露。演奏を終えた彼女は深々とお辞儀をしてからステージを去り、昼の部の幕を下ろした。

■夜の部

夜の部には、ふくろうず黒沼英之メレンゲ初恋の嵐の4組が登場。トップバッターを務めたふくろうずは、「テレフォン No.1」「カシオペア」「だめな人」などキラキラしたポップチューンでフロアの熱気を高めていく。中でも「グッドナイトイズカミング」は、骨太なバンドサウンドと内田万里(Vo, Key)の甘くクセのあるボーカルが溶け合い、フロアに高揚感をもたらした。

続く黒沼英之はバンドセットでのライブを披露。彼が大きく手を広げて手拍子を求めると、軽やかなハンドクラップが起き一体感が会場に作り出される。彼はときにハンドマイクで動き回りながら伸びやかな歌声を響かせ、ときに弾き語りでしっとりした雰囲気を醸し出し、観客を惹き付けていく。後半では1990年代ポップスへの憧憬を感じさせるダンサブルな「雪が降る」を届け、ひと足早いクリスマス気分を観客に提供した。

2カ月ぶりのライブとなったメレンゲは、アップテンポな楽曲を中心としたセットリストでライブを進行した。序盤でタケシタツヨシ(B, Cho)のコミカルなダンスが盛り上がりに一役買った「ビスケット」、グルーヴィなギターリフが印象的な「ライカ」で場内の熱を高めた3人は、後半で今年リリースした「シンメトリア」「クレーター」というシングル曲をアグレッシブにプレイ。バンドの勢いを証明して、トリの初恋の嵐へとつなげた。

初恋の嵐の1年ぶりのステージは、隅倉弘至(B)の歌う未音源化曲「あの娘(こ)の首すじ」からゆっくりと幕を開けた。この日のステージにはゲストボーカルとして堂島孝平のほか、石崎ひゅーい小島麻由美が参加。石崎は「真夏の夜の事」を言葉を噛み締めながら激しく歌い上げ、小島は「星空のバラード」をコケティッシュな歌声で披露する。堂島はバンドメンバーと息を合わせながら「罪の意識」「nothin'」を熱唱した。アンコールでは隅倉が「またできるとは思わなかったんで、ありがとうございます」と観客に感謝を伝え、次なるライブが決定していることを告知。そして堂島を再び迎え「化粧に夢中な女の子」で、イベントを穏やかに大団円へ導いた。

「DECEMBER'S CHILDREN」
2013年12月15日(日)東京都 赤坂BLITZ セットリスト

ひめキュンフルーツ缶

01. キミノミライ
02. アンダンテ
03. モラトリアム
04. ストロベリーKISS
05. フリーノート
06. キラーチューン

コンテンポラリーな生活

01. 死なない声を探す
02. 笑えない日々、笑える毎日
03. 東京殺法
04. 鉄腕ナインティーン
05. ひとえの少女

HAPPY BIRTHDAY

01. アイプチコンプレックス
02. イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ
03. ラップ
04. ダイヤモンドブス

石鹸屋

01. ヒューマニズム ノイズ
02. シャボン
03. ようこそテアトロへ
04. 青い雲
05. ハイブリッドバディ
06. レモン

シシド・カフカ

01. 100年ビール
02. ラヴコリーダ
03. 負けないゲーム
04. 愛する覚悟
05. 2つの太陽
06. カウントダウン
07. キケンなふたり

ふくろうず

01. テレフォン No.1
02. 街はいつも雨のよう
03. カシオペア
04. ごめんね
05. グッドナイトイズカミング
06. だめな人
07. 砂漠の流刑地

黒沼英之

01. ordinary days
02. ふたり
03. ほこり
04. 雪が降る
05. パラダイス

メレンゲ

01. クラシック
02. ビスケット
03. ライカ
04. シンメトリア
05. クレーター

初恋の嵐

01. あの娘(こ)の首すじ
02. 真夏の夜の事
03. 星空のバラード
04. 罪の意識
05. nothin'
<アンコール>
06. 化粧に夢中な女の子

※記事初出時、メレンゲの演奏楽曲についての記載に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー