「幽霊はここにいる」開幕に神山智洋「キャスト・スタッフ・幽霊一同がお待ちしています!」

39

3412

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 895 2495
  • 22 シェア

ジャニーズWESTの神山智洋が主演を務めるパルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」が、明日12月8日に東京・PARCO劇場で開幕。これに先駆けてフォトコールと取材会が、本日7日に行われた。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。

大きなサイズで見る(全15件)

本公演では安部公房「幽霊はここにいる」を、文学座の稲葉賀恵による演出で立ち上げる。謎の男・深川啓介(神山)は、いつも自分のそばにいる幽霊の身元を探していた。その捜索の途中で、深川は胡散臭い男と出会う。大庭三吉(八嶋智人)と名乗るその男は、深川が幽霊を会話できることを知ると、「これはいい商売になる」と考えて「死人の写真高価買います」というビラを町中に貼り始めるが……。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。[拡大]

フォトコールではまず、深川と大庭の出会いのシーンが上演された。舞台上方のリングから下がったカーテンの向こうに明かりがつくと、傘を差した市民たちのシルエットが浮かび上がり、同時にハミングが聞こえてくる。カーテンが引かれると舞台の中央は大きな丸い砂場になっており、上からひと筋の砂が降り注いだ。歌う市民たちが立ち去ると、センターに神山演じる深川が現れ、黒い傘を差して砂を受け止める。やがて舞台が明るくなると幻想的な雰囲気から一転、深川と八嶋演じる大庭が軽妙なやり取りを繰り広げ、観客を物語の世界へ引き込んだ。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。[拡大]

次に披露されたのは、深川が幽霊の身許調査を始めるシーン。神山は「戸籍の歌」に乗せてさわやかな歌声とキレのあるダンスを披露。空っぽの白い額縁を持った黒い衣裳のアンサンブルたちも息の合ったパフォーマンスを見せ、会場を盛り上げた。

左から木村了、八嶋智人、神山智洋、稲葉賀恵。

左から木村了、八嶋智人、神山智洋、稲葉賀恵。[拡大]

フォトコール後に行われた取材会には、演出の稲葉、神山、木村了、八嶋が出席。稲葉は本作について「二十代のときから演出してみたかった戯曲。音楽劇やコメディといった楽しい要素もありつつ、観る人への問いかけも多い作品です。“今”だからこその視点が作れたなと思いますし、神山さんのおかげでより自分ごととして感じてもらえる舞台になったのでは」と述べる。

稲葉賀恵

稲葉賀恵[拡大]

神山の印象について尋ねられた稲葉は「芯がめちゃくちゃ強い! 覚悟を持って舞台に立ってくれるので、すごく助けられました。戦友です」「正直で、舞台上にいてうそがない。だからセリフが素直にポンと響いて、聞いていてとても気持ちが良いですね。スペシャルなお声をお持ちだなと」と称賛。これを受けた八嶋が「(神山の声は)ファンの方から“化粧水ボイス”と呼ばれている」と言うと、神山は「声がスーッと染み渡るらしいです」と自らコメントして記者を笑わせた。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」より。[拡大]

神山智洋

神山智洋[拡大]

神山は稲葉の称賛を「まったくその通りだと思います(笑)」と茶目っ気たっぷりに受け止めつつ、「深川は唯一、幽霊が見える人物。共演者の方にもお客様にも幽霊の存在を認識してもらうために、幽霊がそこにいると常にイメージしながら演じています」と語る。さらに神山は「舞台に立つたびに思いますが、やっぱり演劇って面白い。僕自身を含め、戦争を知らない人たちにも、過去に日本でこういうことがあったんだ、過去にいた人たちの命の上に僕らが立たせてもらっているんだと感じてもらえる舞台だと思います」と言葉に力を込めた。

神山智洋と自身のやりとりを、身振り手振りを交えてキャッチボールにたとえる八嶋智人。

神山智洋と自身のやりとりを、身振り手振りを交えてキャッチボールにたとえる八嶋智人。[拡大]

神山が「八嶋さんがムードメーカーになってくださる」と水を向けると、八嶋は「そうだと思います!」と大きくうなずいて会場を笑いで包む。八嶋は「この刺激的な作品を皆さんにバトンタッチできるのが楽しみ」と期待を口にし、「神ちゃんは20歳以上離れているけど、すごくしっかりしている。僕がどんな“悪球”を投げても、しっかり受け取って僕の胸元に投げ返してくれる。座長がこういう方だと安心ですね。頼りになります」と神山に信頼を寄せた。

木村了

木村了[拡大]

続く木村は「60年以上前に書かれた戯曲ですが、古さを感じません。タイトルから『ホラーかな』と思う方もいるかもしれませんが、純粋に楽しめる作品になった」と話す。また座組の雰囲気について木村は「神ちゃんが落ち着いているし、八嶋さんは太陽のよう。とてもバランスの良い稽古場でした。そこに賀恵さんがいることで統率の取れた座組になったと思う」とカンパニーに厚い信頼を寄せた。

取材会ではタイトルにちなんで「もし幽霊が見えたら誰に会いたいか」という質問も。神山は「ジャニー(喜多川)さんです。僕にとって芸能界の父ですし、今いろいろお仕事ができているのはジャニーさんのおかげ。『がんばっているよ』と伝えたいですね」と感慨深げに述べた。

ジャニーズWESTの“W”のポーズを取る八嶋智人(中央左)と神山智洋(中央右)。

ジャニーズWESTの“W”のポーズを取る八嶋智人(中央左)と神山智洋(中央右)。[拡大]

最後に神山が「キャスト、スタッフ、そして幽霊一同が皆さんをお待ちしています。ぜひこの作品の世界観に飛び込んでください」と観客に呼びかけ、取材会は終了した。

東京公演は明日12月8日から26日まで。その後は1月11日から16日まで大阪・森ノ宮ピロティホールでも上演される。

この記事の画像(全15件)

パルコ・プロデュース2022「幽霊はここにいる」

2022年12月8日(木)~26日(月)
東京都 PARCO劇場

2023年1月11日(水)~16日(月)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

作:安部公房
演出:稲葉賀恵
出演:神山智洋(ジャニーズWEST) / 木村了秋田汐梨堀部圭亮 / 真那胡敬二福本伸一伊達暁、まりゑ、稲荷卓央山口翔悟、名越志保、白木美貴子、竹口龍茶長尾純子、カズマ・スパーキン、友野翔太、きばほのか田村たがめ / 八嶋智人

全文を表示

読者の反応

まろみ @moonmarui

4枚目が特に好きです https://t.co/xIVlKVE2fN

コメントを読む(39件)

関連記事

神山智洋のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 神山智洋 / 稲葉賀恵 / WEST. / 木村了 / 秋田汐梨 / 堀部圭亮 / 真那胡敬二 / 福本伸一 / 伊達暁 / 稲荷卓央 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします