北九州芸術劇場の新シリーズ第1弾、現代女性の生き方問う「まつわる紐、ほどけば風」延期公演

1

36

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 2 4
  • 30 シェア

北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」が、2月17日から20日にかけて福岡・北九州芸術劇場 小劇場で上演される。

北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」より。(c)重松美佐

北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」より。(c)重松美佐

大きなサイズで見る

劇団太陽族の岩崎正裕が作・演出を務める本作は、北九州芸術劇場がアーティストと2年かけて演劇作品を立ち上げるクリエイション・シリーズの第1弾。「まつわる紐、ほどけば風」は昨年2・3月に上演が予定されていたが、コロナの影響で1日限りの公演となった。今回はその延期公演となる。

一軒家で義姉とめいの3人で暮らす久代、不妊治療中の恵、医者の夫と暮らしながら自分の生き方を模索する愛梨。それぞれに孤独や不自由さを感じていた彼女たちは、ボルダリングジムで出会い、意気投合し……。

現代の女性の生き方に焦点を当てた本作には、内山ナオミ、江崎萌葉、大野朱美、木下海聖、桜井玲奈、寺田剛史、飛世早哉香、町田名海子、宮村耳々、村上差斗志、岸部孝子、三田村啓示がキャスティングされた。岩崎は延期公演への思いを「自分にとっては、なぜこの作品を創ったのか。なぜ巡り逢ったのか―やり残した課題をもう一度確かめにいくような感覚。コロナ禍を経た再演ですので、少し脚本にも手を加える予定ですが、誰もがいずれ戻ってくる日常に想いを馳せながら、何か新しい希望的な観測を持てるような舞台になれば、と思っています」と公式サイトにつづっている。

北九州芸術劇場クリエイション・シリーズ「まつわる紐、ほどけば風」

2022年2月17日(木)~20日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

作・演出:岩崎正裕
出演:内山ナオミ、江崎萌葉、大野朱美、木下海聖、桜井玲奈 / 寺田剛史、飛世早哉香、町田名海子、宮村耳々、村上差斗志 / 岸部孝子、三田村啓示

※江崎萌葉の「崎」は立つ崎が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

北九州芸術劇場の新シリーズ第1弾、現代女性の生き方問う「まつわる紐、ほどけば風」延期公演
https://t.co/Ubh4AMRiV0 https://t.co/X52Z2C0e3V

コメントを読む(1件)

関連記事

岩崎正裕のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岩崎正裕 / 寺田剛史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします