Baobab「UMU -うむ-」「笑う額縁」を新キャスト迎え上演

1

45

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 7 28
  • 10 シェア

Baobab 第14回本公演 Re:born project vol.4-5「UMU -うむ- fusion edit.」 / 「笑う額縁」が来年1月21日から23日まで、神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて上演される。

Baobab 第14回本公演 Re:born project vol.4-5「UMU -うむ- fusion edit.」 / 「笑う額縁」チラシ表

Baobab 第14回本公演 Re:born project vol.4-5「UMU -うむ- fusion edit.」 / 「笑う額縁」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

これは、Baobabが新キャストを迎えて過去作を“生み直す” Re:born projectの一環として上演される作品。今回は、24人の女性ダンサーとの短編をベースに、北尾亘のソロ初長編作として2019年に上演された「UMU -うむ-」の“fusion edit.”と、国内外のフェスティバルで披露されてきた「笑う額縁」を上演する。チケットは11月30日に販売開始。

なお23日の終演後には、ダンサー、表現者を目指す次世代に向け、上演作品の創作プロセスやBaobabの身体アプローチについて語るトークイベント「Re:Talk Point~ to the Next Generation」が実施される。

この記事の画像(全2件)

Baobab 第14回本公演 Re:born project vol.4-5「UMU -うむ- fusion edit.」 / 「笑う額縁」

2022年1月21日(金)~23日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場

振付・構成・演出:北尾亘
出演:岡本優、河内優太郎、山田茉琳、内田靖子、神田初音ファレル、福島玖宇也、平田栞、永井亮介、三輪麗水、吉野百葉、生田目麗
Baobab trial:浅川奏瑛、伊藤奨、山口静
Baobab:伊藤まこと、シュミッツ茂仁香、目澤芙裕子米田沙織、北尾亘

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

Baobab「UMU -うむ-」「笑う額縁」を新キャスト迎え上演
https://t.co/xHdnuoBPs0 https://t.co/cI9hK0MUgw

コメントを読む(1件)

関連記事

Baobabのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Baobab / 北尾亘 / 岡本優 / 山口静 / 目澤芙裕子 / 米田沙織 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします